「ブログが書けないなら、noteを書けばいいじゃない」と書いてみたら気づいたこと

こんにちは、ゆかねぇ(@officeyuka) です。

ブログが書けないなら、note を書けばいいじゃない。

ふと思いつき、そして思うがままに筆を走らせているうちに、自分の中で起こっていた大きな変化に気がつきました。

note についての簡単な解説は、以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事▶︎note、始めました【note】

ブログが書きたい!と思うものの…

先日、当ブログで「ブログが書けないならとにかく何か書いてみよう!」という記事を(ほとんど自分に向けて)書きました。

この記事を書き終えたときは、まるでたまりにたまった何か(大きな声では言いません)がごそっと取れ、詰まりが一気に解消されたかのようなスッキリ感。

「よし、やっとブログの更新ができるぞ!」と興奮すら覚えていました。

が、しかし…。

やっぱり、ブログを書こうと思えば思うほど書けないのです。

言い訳です。ええ、言い訳です。でも書けないものは書けない。そんな自分を「なぜ書けないんだ!このヘタレ!」と責めてしまうからなおのことしんどい。

そのため、どうしたものかとうんうん唸っておりました。

noteの記事を書きながら気がついた

そろそろブログが書けなさすぎて寝込んでしまいそうになっていた(大袈裟)私に、今朝突然神の啓示(だから大袈裟)が。

「ブログが書けないなら note を書けばいいじゃない。」神は私にそう言いました(もういい)。

だから書いたのがこちらの記事。

本当に思いつくまま書いたのですが、書きながら自分でも意識していなかったあることに気がつきました。

それは、伝えるために使いたい伝え方が以前と変化していたということ。

少しわかりにくいかと思うので説明すると、伝えたいことは一貫して「自分らしく生きることの素晴らしさ」であり、変わりはありません。

ただそれが、「理路整然と筋道立てて論理的に伝えたい」から「心にまかせて心のままに伝えたい」に変化したということです。

もっと砕いて言うと「優等生的文章」じゃなくて「エモい文章(笑)」が書きたくなった、ということ。

このことに気づいたとき、「だからこの優等生みたいなブログを更新することができなかったのか!」と腹落ちしました(言い訳かもしれん。でももういい)。

 

でもちょっと待て。それならエモい文章をこのブログで書けばいいんじゃね?

と突っ込む声が聞こえます。

 

…ええ、そのとおり(キッパリ)。

 

そのとおりなのはわかっているのですが、いきなりのキャラ変は今の私にはちょっと難しいです(けっこう勇気がいる)。

なので一旦、note のほうで実験的に記事を更新してみることにしました。キャラの棲み分けもできますし。

今後の展開

今後、ブログと note(や他の媒体も含め)をどのように組み合わせていくかは、正直今のところあまり考えていません。

そのうちブログと note の記事の境目がなくなるかもしれないし、分かれたままかもしれないし、全然別の方向に行くかもしれないし、それはわかりません(生粋の飽き性です)。

ただ、note の記事をブログで紹介することは考えています。

また、以下のURLから私の note のページに飛ぶことができますので、フォローしていただければ更新されるごとにリアルタイムでお読みいただけます(無料で公開しています)。

note URL : https://note.com/officeyuka

私の中のいろいろな側面を出していければと思っていますので、ブログ・note ともに今後もお楽しみください!