メルマガ「ゆかねぇからの手紙」登録はこちら

やりたいことは日付を入れると輝き出す。期限をつけることの大切さ

こんにちは、ギャラップ認定ストレングスコーチの ゆかねぇ (@officeyuka) です。

資格を取りたい。◯kg痩せたい。部屋の片付けをしたい。

◯◯を始めたい、◯◯をやめたい・・・。

人は日々、大小問わず「◯◯したい」というやりたいことがあるもの。

ただ実際にそれが実現できているのか?というと、「やりたいことはあるんだけどなかなか実現できなくて・・・」ということも多いのではないでしょうか。

でもそんな「やりたいこと」に日付をいれることで、実現速度が一気に加速するかもしれません。

ただ夢を見ているだけだった頃

かつての私も、実はやりたいことはたくさんあるのに何一つ実現できない人間でした。

こうしたい、ああなりたい、こんなことができるようになったらいいな、いつかきっとできるようになる・・・。

こんなふうに、言ってみれば夢ばかり見ていて何も実行に移していなかったのです。

そのくせできない自分を責め、「私はやっぱりダメな人間なんだ」「どうせ夢なんて叶うわけないんだ」と諦めていました。

今思うとひどい悪循環です。でも当時は、どうすればその悪循環から抜け出せるのかさえわかっていませんでした。

どんなことにも日付を入れるようにしてみた

やりたいことも将来の夢もあるのに、一歩も近づいていないどころかやり遂げるための努力さえしていない。

そんな自分にほとほと嫌気がさした私は「なんとか自分を変えたい、夢を現実にしたい」と強く思うようになりました。

そこでどうすればいいかを考え、どんなことにも日付を入れてみることにしたのです。

読みたい本をいつまでに読み終えるか。

ブログが書けるようになりたいならいつまでに書き始めるか。

ぐずぐず先延ばしにしていることをいつまでにやり終えるかなどなど。

日付を入れたのは大きなことばかりではありません。どんな小さなことにも「◯日まで」と日付を入れました(時には◯時まで」も)。

むしろ小さなことこそ「今日まで」「1週間後まで」といった短いスパンで日付を入れ、すべてを手帳に書き込むようにしていきました。

また大きすぎてすぐにやり遂げられないようなことは「ここまでを◯日までに」というふうに工程を小さく区切ってまた手帳へ。

こうしてあらゆることに日付を入れて実行していくようにしたところ・・・。

今まで漠然としていた「やりたいこと」が明確な「目標」となり、実現速度が一気に上がったのです。

 なぜ期限をつけることが大切なのか

「目標には期限をつけろ」とはよく言われる話です。でも私は自分でやってみるまでその重要性をわかっていませんでした。

だからこそやってみて、今は期限をつけることが本当に大切だと感じています。

ではなぜやりたいことには期限をつけることが大切なのでしょうか。

ゴールが明確になる

まず、やりたいことに期限をつける大切さとしてゴールが明確になることが挙げられます。

「◯◯がやりたい」と思うだけでもゴールを設定しているような気持ちになるかもしれませんが、実はこれだけでは漠然とした夢であることが多いです(私はそうでした)。

ここに「いつまでにやりたいのか」という期限をつけると夢が一気に具体的な目標に変わり、「じゃあどうすればいいのか?」と目標達成までの方法を考えられるようになるのです。

「旅行に行きたい」では漠然としすぎていても、「◯月にヨーロッパへ行きたい」とゴールが明確になると行き方や回りたい場所を調べたり、必要なものを買い揃えたりしますよね。

自分がやりたいことについても同じこと。

具体的な日付を入れることで必要なものややるべきことが明確になり、実現スピードが一気に上がるのです。

締め切り効果で集中力が増す

やりたいことに期限をつける大切さの二つ目としては締め切り効果で集中力が増すことが挙げられるでしょう。

「締め切り効果」は心理学の分野で言われているもので、時間の制限があるほど集中力が増すという効果のこと。

わかりやすい例で言うと夏休みの宿題です。さんざん放置した膨大な宿題を8/31に一気に仕上げるとき「どこにあったんだ」というような集中力が発揮されますよね。これがまさに締め切り効果です。

「いつやってもいい」「特に期限もないし」と思うと、集中力が上がらず手をつけても気が散ってなかなか進みませんし、結果的にやりたいことの実現が遠のきます。

自分で期限という締め切りを設定することでお尻に火がつき、集中して取り組むようになるので物ごとがどんどん実現していくようになるのです。

達成することで自己肯定感が増す

最後のやりたいことに期限をつける大切さは達成することで自己肯定感が増すことです。

期限という締め切りは他人から設定されても効果がありますが、同時に「やらされ感」も感じてしまい人によってはむしろプレッシャーにさえなってしまうこともあるでしょう。

しかし自分で期限を設定すれば「自分で決めた以上はやらなければ」と覚悟が決まります

そしてその期限を守ることができれば「自分で決めた締め切りを守れた」という自己肯定感につながるのです。

さらに!一度自己肯定感を味わってしまえば自分に自信がつき、これまでできなかったこともできるようになっていくというオマケつき。

達成感を得るためのコツとしては、できる限りやることを小さく小さくして期限をつけることがオススメですよ。

続けたいことの「初めの一歩」はとことんハードルを下げてスタートする

最後に

「期限がある」と思うとそれだけでプレッシャーを感じてしまう場合もあるかもしれません。

でも人生は長いようであっという間。漠然と「やりたい」と思っているだけではいつ実現できるかもわかりません。

やりたいことは日付を入れることでキラキラと輝き始めます。

そのきらめきを道しるべにやりたいことをどんどん実現していっていただければと思います。