メルマガ「ゆかねぇからの手紙」登録はこちら

レバレッジ・リーディング~読書は、投資だ!~

こんにちは、ゆかねぇ (@officeyuka) です。

知識を得たい、自分の知らない世界を知りたい、良い文章に触れたい、ちょっとした時間つぶし・・・。

「本を読もう」と思うとき、その理由は人それぞれ。

でも、もし「少ない労力で効率よく本を読み、大きな結果を出したい!」と思うなら、ぜひおすすめしたいのが本田直之さんの「レバレッジ・リーディング」です。

読書は、投資だ!

レバレッジ・リーディング」では1ページ目から一貫して繰り返されているメッセージがあります。それは、

読書=投資活動である

ということ。

「本を読む」という行為は自分に投資することに他ならず、しかもどんな金融商品よりも確実に多くのリターンをもたらす実に割のいい投資だと、本田さんはおっしゃっています。

たしかに、自分に投資するとき「よーし、自分に損させてやるぞぉ!」と思って投資する人は(多分)いませんものね。

そして本はお値段的にめちゃくちゃ高いものではありません。ビジネス書だと2,000円はまずいかないはず。1,500円前後が相場でしょうか。

にもかかわらず本から学んだことをきちんと活かせば、何十倍どころではない利益が返ってくる

こんなに優良な金融商品は他にない、というわけです。

ただ読むだけではもったいない

読書が他にないほど割のいい投資なのはわかった。

でもどうせ読むなら、より多くのリターンがほしい。そう思いませんか?

そんな思いを可能にする読書法が、本のタイトルにもなっている「レバレッジ・リーディング」です。

レバレッジとは本来「てこ」のこと。

てこの原理は小学校の理科で習ったように、小さな力で大きな物を動かすことができるというものです。今ではビジネスの世界でも「レバレッジをかける」なんてよく使われていますね。

では読書において「レバレッジをかける読み方」とはいったいどのようなものでしょう。

それは本を読み、そこに書かれているノウハウを自分流に応用し、実際に活用することを常に意識した読み方です。

ただぼーっと読んでいるだけでは大きな成果は得られません。

いかに自分の中に落とし込み、実際に使ってみるかが大切。

この「読書におけるレバレッジ」を意識しているかどうかが、読書という小さな投資から成功という大きな成果を生み出すポイントなのです。

レバレッジを効かせるための読書法

では実際に、レバレッジを効かせるためにはどのような読書法をすればよいのでしょうか。

読書法① 目的を持って読む

レバレッジを効かせるためにまず何よりも大切なのが明確な目的を持って本を読むことです。

「この本から何を得たいのか」「本を読んだあとにどうなっていたいのか」といった、単に本を読むときの目的だけではありません。

「自分が今抱えている課題は何か」「成し遂げたいことは何か」というような人生における目的を視野に入れることで、本から得られる情報が目的に沿ったものになっていきます。

もちろん目的を常に意識しておけば、本選びの際も「この本は自分の目的を達成するために役立つだろうか」という視点で見るので判断が素早くなります。

「なんとなく」本を読むのは本当にもったいないですし、本から得られるものも少なくなるのは、私自身本を読む目的を意識するようになって痛感しています。

読書法② たくさんの本を読む

レバレッジを効かせる読書法として次に大切なのがたくさんの本を読む(多読)ことです。

こう言うと「そんなことわかってるけど本を読む時間がないんだよ!」と反論されるかもしれません。

そうではないのです。何も一冊の本を1ページ目からすべて読めと言っているわけではなく、自分の目的に必要なところ、自分にとって役立つところだけ・・主体的に選んで読んでいくのです。

そうすれば1冊にかける時間はおのずと短くなりますし、より多くの本を読むことができるようになります。

それでもまだ「読み飛ばしたところに大事なことが書かれているかもしれないし…」と抵抗してしまう気持ちがあるかもしれません。

「80対20の法則」をご存知でしょうか。

詳しい説明は省略しますが、本においても重要なところは全体の2割くらいしかなく、その部分が拾えたらもうじゅうぶん元は取ったと言っても過言ではありません。

自分の目的を達成するために本を読むわけですから、そのために必要な情報が得られればOK!という考え方で本を読んでいくことがポイントです。

読書法③ 読んだままで終わらせない

レバレッジを効かせるために何より大切なのが読んだままで終わらせないことです。

よく、読後すぐは「すごくためになった!明日から早速実践するぞ!」と思っても次の日には忘れてしまう、なんてことがありますよね。

でもこれではあまりにももったいない。レバレッジどころの話ではありません。

著者である本田直之さんは「レバレッジ・メモ」を推奨されていますが、なにかしら「読書を実践に移す仕組み」を作ってしまうのが手っ取り早いでしょう。

私のようにブログでアウトプットするなども良いかもしれませんね。

まとめ

小説や資格試験のテキストなど「行間を味わいながらじっくり読む」「隅から隅まで頭に叩き込む」といった読書法が適している本もたくさんあります。

しかし、ビジネス本や実用書はいかに自分にとって必要なところを素早く読み集め、実践していくかがポイント。

そのためにはなにより「現実的に大きな成果を生み出すために、今この本を読んでいるのだ」という意識を常に持ちながら本と向き合うことが大切ではないかと思います。