メルマガ"ゆかねぇからの手紙"登録はこちらから

年賀状は書く派?書かない派?それよりも大切なこと

こんにちは、ギャラップ認定ストレングスコーチの ゆかねぇ (@officeyuka) です。

かつては当たり前のように書いていた年賀状も、今ではメールやSNSで済ますようになったという方も多いかもしれません。

そのことが良いとか悪いとかそういった話ではありません。ただ、もっと大切なことがあると思っています。

年賀状は「書く派」です

私は、年賀状は「書く派」です。枚数は決して多くない(20枚も書かない)けれど、毎年書いています。

実は若い頃の方がまったく書きませんでした。

20代の頃は飲食店(焼き鳥屋)で働いていたこともあり、営業は30日の夜まで。しかも年末は書き入れ時とあって正直年賀状どころではなかったからです。

それに平日休み、夜に仕事という不規則極まりない生活習慣だったため、学生時代の友人とはどんどん疎遠になり連絡を取ること自体がなくなっていたという理由もありました。

そんな「年賀状書かない派」だった私がきちんと年賀状を書くようになったのは結婚してからです。

結婚式のとき、それまで私が不義理をしていた親戚のみなさんにすごくお祝いをしていただいたんですね。

すごく反省しました。この人たちがいてこそ私がこうやってこの世に存在し、主人と出会えたわけですから。

普段そうそう連絡を取り合うわけではないからこそ、年賀状という貴重な機会をいただけていると思って毎年丁寧に書いています。

誰彼かまわず書いているわけではない

そんな私ですから、他の方に対してもせっせと年賀状を書いているのかというと決してそうではなく、年々書く枚数は減ってきています。

友人への年賀状はもう数枚になりました。「来ないから出さない」というわけではなく、自分なりに毎年「出すか出さないか」を決めているうちに減ってきた感じです。

また仕事絡みの方への年賀状はほとんど出していません

恥ずかしながら独立した年は「年賀状は出したほうがいいだろう」という半ば打算に近いかたちで、片っ端から年賀状を書きました。

名刺交換だけのレベルまで書いていたのですから、我ながら盲目的な判断に苦笑してしまいます。

結局翌年からは我に返り、今では本当にお世話になった方々だけに年賀状を送るようにしています。

大切なのは書くか書かないかではない

私は「年賀状は絶対書いたほうがいい」とも「年賀状なんて時代遅れだから書く必要はない」とも言いません。

そんなことははっきり言ってどっちでもいいです。書きたければ書けばいいし、書きたくなければ書かなければいい、それだけのことです。

ただそれよりもずっと大切なのは書くか書かないかを自分の頭で考え、判断することだと思っています。

影響力のある人やインフルエンサーといった、いわゆる声の大きい人が「年賀状はオワコン(終わったコンテンツ)」と言ったから書かない。

あるいは「今までもずっと書いてきたから今年も」というように惰性で書き続ける。

そういった自分の頭で考えない、判断しないということのほうがよほど問題だと思うのです。

 

自分にとって大切なものであり、普段伝えられない気持ちを伝えられる貴重な機会。

受け取った相手の顔を思い浮かべながら1枚1枚書く作業が楽しく、幸せ。届いた年賀状を見るのも嬉しい。

そうであれば誰がなんと言おうと書けばいい。

「日頃から感謝の気持ちは伝えているし、お正月にかこつけるなんて」と思うならスッパリやめればいい。

 

このように「自分はどうしたいのか」「自分にとって大切な価値とは何か」を自分の中に軸としてしっかり持つことが大切だと思うのです。

年賀状に限った話ではない

そしてこの「自分の頭で考え判断すること」というのは、何も年賀状だけに限った話ではなくすべてにおいて言えることです。

なぜなら他人の意見や飛び交う情報を鵜呑みにしたり、盲目的に信じたりしていると自分を見失い、よりどころを失ってしまうからです。

どんな小さなことでもいいのです。「今日は何を食べたいか」からでいい。

自分はどう思うのか。

自分はどう感じるのか。

自分にとって大切な価値は何なのか。

自分はどんな人生を送りたいのか・・・。

こういったことを常に自分に問い続け、考え、自分で判断を下す。そして自分軸を作っていく。

そうしないと気づけば他人に自分の人生を委ねてしまっていることにもなりかねません。ましてや自分の人生を自分でコントロールできなくなります

自分の人生を能動的に生きるためにも、自分の頭で考え判断することは常に意識し、実践していく必要があると思うのです。

最後に

年賀状を書く意味も、年賀状に込める思いも人それぞれ。

もちろんそれでいいし、だからこそ年賀状に価値が生まれるというもの。

自分にとっての年賀状とは?

今年は1枚1枚と向き合い、自分と向き合いながら、年賀状を書いていただければと思います。

合わせて読みたい関連記事

「自分中心の生き方」とは?もっと自分中心に生きてみよう!