メルマガ「ゆかねぇからの手紙」読者登録はこちら

冷蔵庫に保存すると良い物3選。常識や慣習を疑い快適な暮らしを実現しよう

こんにちは、社会保険労務士・ギャラップ認定ストレングスコーチの ゆかねぇ (@officeyuka) です。

私たちの暮らしはここ数十年で大きく変わり、電化製品の性能の進化も日進月歩。冷蔵庫も例外ではありません。

それなのに「ずっとこうやってきたから」「実家ではこうだったから」という理由で、頑(かたく)なに収納場所を変えていない物がありませんか?

実は意外なものが冷蔵庫保存に向いているし、そのほうが食材のためにも効率のためにもベストだったりするんです。

そこでこの記事では私が実際に冷蔵庫保存している物をご紹介し、みなさんが持っている保管場所の思い込みを外していきます!

時代が変われば保存場所も変わる

私は今40代半ばです。

私が子供の頃はマンションも少なく、家はまだまだ木造が多め。つまり風通しがとてもよかったし(すきま風とも言いますが)、ひんやりとした納屋もある時代でした。

また冷蔵庫も今ほど高性能ではなく、冬場などは「玄関に置いておいたら大丈夫」とばかりに寒い玄関先に食べ物を置いていたことを覚えています。

しかし今は建物の機密性が高まり、室内が極度に寒くなることはありません。むしろ下手をすると湿気がこもってしまうぐらいです。

反対に冷蔵庫の性能は格段に上がりました。

ラップをしなくてもカピカピにならないないて当たり前。瞬間冷凍にチルド機能など、私には使いこなせないぐらい高性能な冷蔵庫ばかりです。

もちろん家族構成も数十年前とは全然違います。

昔なら買った食材がすぐなくなるぐらい大勢の家族が同居していたかもしれませんが、今は買っても消費できなくて困るぐらい家族の単位は小さくなりつつあります。

つまり何が言いたいかというと、時代が変わればそれに応じて暮らしを変えていかなければならないということなんです。

「昔からこうだから」で思考停止してない?

でも実際は「昔からこうやってきたから」「親がこうしていたから」「変えるのがめんどくさいから」というような理由で、数十年前と同じ場所に物を保存していないでしょうか。

これはある意味思考停止しているのと同じことなんですよね。

本当は今の時代に合ったもっと良い方法があるのに、考えるのも変えるのも面倒だからついそのままにしているんです。

でもそれはすごくもったいない。

ほんの少し考え方や見方を変えるだけでより快適で効率的な暮らしが手に入るのですから、やってみない手はありません。

冷蔵庫に保存すると良い物

ここまでは今と昔では暮らし方も環境も大きく変わったのだから、保存場所ひとつとっても変化させていくことが大切というお話をしてきました。

では実際にどんな物を冷蔵庫で保存すれば良いのでしょうか。

私が実践していることのうちオススメする物をご紹介していきます。

その① 調味料

冷蔵庫で保存すると良い物、1つ目は調味料です。

こう書くと「え?調味料なら冷蔵庫保存してるよ!」という方も多いかしれませんが、ここでお伝えしたいのは元々冷蔵庫保存が指定されている物ではなく「冷暗所に保存」という指示がある調味料。

特にお醤油や料理酒、みりんなど、一般的にシンク下などで常温保存されている調味料を冷蔵庫に入れておくのがオススメです。

かつては「冷暗所」と呼ばれる納屋や戸棚の奥は本当に暗く涼しい場所でした。

しかし今の時代、納屋があるお家も多くはないでしょうし、家自体の気密性が高くなった分、常時涼しい場所がないことのほうが多いです。

それなのに昔から変わらずシンク下などに保存していれば、調味料の劣化が早まってしまう可能性が高くなることは想像できますよね。

「よく使う調味料だし」「お醤油や料理酒の容器はかさばるから冷蔵庫に入らない」というお声もあるかもしれません。

ただ冷蔵庫自体も詰めすぎはよくなく、調味料の出し入れがスムーズにできるぐらいのスペースがあった方が冷えやすいです。

また同じ調味料であっても冷蔵庫保存より常温保存がいい物も中にはありますが、我が家は二人暮らし。

1ℓサイズどころか500mlサイズを買ってもそうそうなくならないので、「保存すること」を優先し冷蔵庫保存を選択しています。

参考記事 : すべて冷蔵保存はダメ!調味料を正しく保存して食の安全を確保しよう(外部リンク)

ちなみに味噌は冷凍庫で保存ができます(しっかりラップし輪ゴムで留めておく)。味噌も固まらないし、お味噌屋さん直伝の保存法ですよ!

その② 米

冷蔵庫で保存すると良い物、2つ目はお米です。

私はお米をジップロック(Lサイズ)の袋に入れ、野菜室で保存しています。ズバリこんな感じ。

お米と聞くと「米の保存=米びつ」と思っているかもしれませんが、米びつは形が決まっているうえ、大きさもそこそこあるため場所を取ります。

さらにこちらも常温で保存していると、夏場には虫がわくことだってあります(私はありました)。

育ち盛りのお子さんがいらっしゃるようなご家庭ならともかく、少人数での生活なら保存するお米の量もそこまで多くないでしょうから、野菜室でもじゅうぶん収まります。

ちなみに5kg のお米ならジップロックLサイズが 2袋でOK。

袋タイプなので形を変えることができ、他の野菜たちと上手に共存します。

私はお米を冷蔵庫で保存するようになってからまったく虫が湧かなくなり、美味しいお米が食べられるようになりましたよ。

その③ 生ゴミ

冷蔵庫で保存すると良い物、最後は生ゴミです。

ギョッとした方もいらっしゃるかもしれませんが、私は生ゴミを冷凍庫で保存(?)しています。

生ゴミは食事をするかぎり毎日出ます。でもそれをゴミ箱に捨てたとしても、現実的に出せるのは週2回であることがほとんど。

それまでに臭いもしてきますし、夏場などは異臭に変わったり虫が湧いたりといいことは何もありません。

でも冷凍庫に保管しておけばカチコチに固まってしまうので、臭いが出る余地はありません。そしてゴミ出しの寸前にゴミ袋に移し変えるだけでOK。

他のご家族がどうしても嫌がる、自分自身に抵抗があるという場合は無理にとは言いません。

ただ生ゴミだって元をたどれば食材の一部です。食べなかった部分だからと言って突然汚いものに変わるわけではありません。

今は冷凍庫が2ヶ所に分かれているタイプの冷蔵庫もあれば、冷凍庫内を仕切ることだってできます。1日ぐらいなら冷蔵庫でも良いでしょう。

生ゴミがあるからゴミ出しの頻度が上がる、ゴミ出しそのものが億劫になるぐらいなら、冷凍庫や冷蔵庫で保管したほうがよほど効率的だと私は考えています。

最後に

先人の知恵というものはもちろんあり、取り入れた方がいいものはどんどん取り入れるべきです。

ただ、なんでもかんでも「いいと言われたから」で鵜呑みにするのはまた違います。

それは今の自分たちの暮らしに合っているのか。より快適に過ごせるのか。

自分の頭で考え、実践しながらより良い暮らしを見つけていただければと思います。