メルマガ「ゆかねぇからの手紙」登録はこちら

書評はブログに書くべきか書かざるべきか。本を読む理由から考える

こんにちは、ギャラップ認定ストレングスコーチの ゆかねぇ (@officeyuka) です。

本を読んだら書評をブログに書こう。

書評をブログに書くメリットは多くの方が言っているところですし、そう書いている本そのものもあります(読んだことがあります)。

実際に私も、いくつか書評記事を書いてきました。

そのうえで今後は積極的に書評をブログに書くことはやめようかな、と考えています。

書評をブログに書くメリット

そもそも書評とは本の内容を紹介したり論評したりするものです。

しかし「ブログに書く」となった場合は、本から得た気づきや感じたことを言葉にするという意味合いの方が強いです。

そしてたしかに、書評をブログに書くメリットがあるのも事実です。

メリット① アウトプットの練習になる

書評をブログに書く一番のメリットは、なんと言ってもアウトプットの練習になることでしょう。

自分では理解しているつもりでも、いざ人に伝えようと思うとなかなか言葉にできないことが多いです。

ましてや文章にして伝えるとなると、まず本の内容をしっかり理解しなければなりませんし、そこから要点をピックアップしてわかりやすくまとめなければなりません。

普段アウトプットをあまりしていない方にすれば大変な作業だからこそ、書評を書くことがアウトプットの良い練習になる、というわけです。

もちろんその過程で文章力も鍛えられますし、アウトプットの習慣もつきます。本の理解も進むでしょう。

ブログのネタにもなります。

文章を書く練習には書評はもってこいかもしれません。

メリット② 情報をシェアすることで喜ばれる

書評を書く2つ目のメリットは情報をシェアすることで喜ばれることです。

私自身もそうですが、自分で選ぶ物というのは本に限らず偏(かたよ)りがあるため、誰かが「これはいいよ!」と紹介してくれる情報は本当にありがたいです。

内容をある程度把握してから購入できるので失敗も少ないですし。

このように読んだ本の情報をブログ記事としてシェアすると、記事を読んだ方の判断材料となりますし、買う買わないは別としても喜ばれるのは嬉しいものです。

メリット③ 著者本人と交流できる(かも)

書評を書くメリットの3つ目は著者と交流できる(かもしれない)ということです。

私の場合、以前ある本の書評をブログに書いて SNS(twitter) で発信したところ、著者ご本人がリツイートしてくださりコメントまでいただいたことがあります。

すべての著者が SNS を使ったり書評をチェックしているわけではないので絶対ではありませんが、書評記事がきっかけで著者ご本人と交流ができる可能性はあります。

好きな作家さんがいる場合は書評記事を書くモチベーションにもなるでしょう。

なぜ本を読むのか

これほど書評をブログに書くメリットがあると、「じゃあ書いたほうかいいじゃないか」「なぜ書かないの?」と言われるかもしれません。

ではなぜ私たちは本を読むのでしょうか

人によって本を読む理由も、読む本のジャンルも、読むシチュエーションも読み方も違うのはもちろんです。

そのなかで私は本から得たことを現実に、仕事に、生活に活かすために読んでいます。

だから書評を書いたところで現実に手足を動かして実践し、成果を出していなければ読んだ意味はないと言っても言い過ぎではないのです。

これが小説や文芸書なら、読み物として文章そのものを味わうので「楽しかった」「感動した」「面白かった」でいいし、私もそういう読み方をします(行動に移すこともありますが)。

ただ私が読んでいる本の多くはいわゆるビジネス書であり、実用書と言われるもの。

そこから何か一つでも得て、行動に移したり改善したりという「実践」をし、自分のものにすることが最優先です。

であれば、本を読んだ直後から(あるいは途中でも)行動を起こしたほうがよほどいい。

じっくり書評記事を書いていては遅いのです。書評記事を書くことで満足してしまう可能性もありますし。

それに、本当にいいと思った本は記事の中にそっと織り込むことができますし、私はそうしています。

たとえば習慣化にとても役立った「ぼくたちは習慣で、できている。」などを、このように。

ただ、一つの記事として完成させる時間は、今はもったいないかなと感じています。

最後に

書評記事を読むのは大好きです。素敵な本をご紹介いただき、購入することもよくあります。

ただ私にとっての読書は行動するためのもの。

本の内容が自分の血肉となったとき、その経験を記事にしていきたいと思います。

読書に関するおすすめ記事

本の読み方についてはこちらの記事もおすすめです。

効率的な読書をしたいなら「行動するため」に読む