メルマガ「ゆかねぇからの手紙」登録はこちら

stand.fmとは。音声配信アプリ「stand.fm」を始めて良かった3つのこと

こんにちは、ギャラップ認定ストレングスコーチの ゆかねぇ (@officeyuka) です。

今や誰もが情報発信者になれる時代となりました。すでにブログや twitter などの文字媒体、YouTube などの動画媒体を使った発信をしている方も多いでしょう。

しかし中には「話すのは得意だけど文章を書くのは苦手」「顔出しはしたくない」という方もいらっしゃるはず。

そんな方におすすめしたいのが音声配信に特化したアプリ「stand.fm」です。

この記事では、stand.fmの魅力にすっかりハマっている私配信する立場からstand.fmについてご紹介します。

私のチャンネルは以下の「ゆかねぇラジオ」です。アプリに登録しなくても、パソコンなどでも視聴は可能ですよ!

stand.fmとは

stand.fm(スタンドエフエム)は、株式会社stand.fm が提供している音声配信アプリです。

stand.fm - 音声プラットフォームアプリ

stand.fm – 音声プラットフォームアプリ
開発元:stand.fm, inc.
無料
posted withアプリーチ

 

「音声配信を気軽に、もっと楽しく」をコンセプトに、「誰でも、どこにいても気軽に収録ができてすぐに配信できる」アプリとなっています。

と言っても「音声配信アプリって結局どういうこと?」と疑問に思っている方もいらっしゃるかもしれません。

わかりやすく言うと、スマートフォンを使って個人でも声をリスナーに届けられるということ。

だれでもラジオのDJになれる、と思っていただくといいかもしれません。

stand.fmの特徴

stand.fm にはさまざまな特徴があります。

特徴① 配信をスタートさせるのが簡単

stand.fmの一番の特徴は配信をスタートさせるのが簡単ということ。

アプリをダウンロードし、わずかなプロフィールを入力すればあっという間に配信が可能になります。

またその操作自体も直感的に行うことができ「使い方がわからない」という理由で挫折することもありません。

むしろスルスルと配信できてしまって焦るぐらい(笑)。

「気軽に音声配信をしてほしい」という stand.fm のコンセプトがもっとも反映されている特徴だと思います。

特徴② 配信方法は収録とライブの2種類

stand.fm の配信方法は「収録」と「ライブ」の2種類があります。

収録の場合は、一旦音声を収録したあと不要な部分を切り取ったり、BGMを挿入したりしてから配信することも可能。

話したいことや伝えたいことが決まっているとき、録音したものを修正してから配信したいときは収録機能を使うと良いでしょう。

ライブの場合は、文字どおりリアルタイムで音声が配信されます。

ライブ中はリスナーからチャットの形でメッセージを受け取ることができるので、リスナーとの交流もできます。

ただ話すだけではなくリスナーと関わりたい!という方はライブ機能を使うのがおすすめです。

特徴③ レター機能がある

いかにも「ラジオっぽい」特徴として、stand.fm にはレター機能があります。

これは話すネタに困ったときに「お題」を提供する機能と言えばわかりやすいでしょう。

投げかけたお題は Twitter や Instagram にもシェアすることができ、幅広く募集することが可能です。

反対に、自分自身がリスナー側の立場として配信者にレターを送れば、配信者がそのレターに答えてくれるかもしれません。

ライブとはまた違った交流ができるのもレターの楽しみかたです。

特徴④ フォロワーの数がリスナーから見えない

私が密かに「いい!」と思っている特徴が、フォロワーの数がリスナーから見えないということです。

これは配信者が誰にフォローされているか、その人数は何人かということがリスナーからはわからないということ。

もっと言えば、配信者が誰をフォローしているかもリスナーには見えません。

リスナー側からすれば「どれくらいの人数にフォローされているのか」は知りたいかもしれませんし、その数がフォローするかしないかに影響することもあるでしょう。

ただ必ずしも「大勢のフォロワーがいる=配信内容がいい」というわけではありません。

配信する側にとってより自由に、自分の思いや好きな音楽を配信できる、リスナー側も本当に自分の「聴きたい」気持ちに正直にフォローができる。

そういう意味でフォロワー数がリスナーから見えないのはとても良い特徴だと私は思います。

stand.fmを始めて良かった3つのこと

ここまでは stand.fm のさまざまな特徴を見てきました。

ここからはなぜ私がこんなにも stand.fm にハマったのか、stand.fm を始めて良かったことをご紹介していきます。

良かったこと① 脳が活性化した

stand.fm を始めて真っ先に良かったと感じたのは脳が活性化したことです。

「声に出してしゃべる」という行為は、口を動かすだけでなく耳でも聴きますし、自然と身振り手振りがつくので身体も使います。

結果的に五感を刺激してしゃべることになるので脳が活性化したのではないかと推測していますが、本当のところはかりません。

ただリアルな体感として、脳がイキイキと活性化し始めたのは事実。

いろんなところでアイディアがポンポン浮かぶようになり、行動そのものも早くなりました。

加えて、今までずっと書けなくて苦労していたブログさえもどんどん書けるように!

「人に何かを伝える目的でしゃべる」ということがここまで脳を活性化させるんだなぁ、という思いです。

良かったこと② 話すことで考えがまとまる自分に気づいた

stand.fm を始めて良かった2つ目は話すことで考えがまとまる自分に気づいたことです。

考えをまとめる方法は頭の中で一生懸命考えたり文字に書き出したりと色々あり、人によってまとめやすい方法は違うはずです。

私自身もこれまで様々な方法を試してきたなかで、「書き出すこと」によって考えがまとまるタイプだと思っていました。

ところが!stand.fm を始め、毎日のように配信を続けているうちにしゃべることで自分の考えが一番まとまることに気づいたのです。

私が配信するときはほとんどカンペなしでしゃべっている、いわば言葉に任せている状態。

するとしゃべればしゃべるほど言葉が言葉を呼んできて、自分でも思いもよらない言葉が飛び出してくるのです。

その言葉を聞きながら「あ、私ってこんなことを考えてたんだ」と気づいたり、ときには悩みや問題まで解決したり。

誰かと直接対話をしなくても、しゃべることそのものが私の考えをまとめるために必要なのだ、とやっと気づきました。stand.fm に感謝です。

良かったこと③ 話すことに抵抗がなくなった

stand.fm を始めてなにより良かったことは話すという行為に抵抗がなくなったことです。

元々、人と話すことや人前で話すことはそこまで苦手ではありませんでした。ただ「発信」となるとどうしても二の足を踏んでしまい、なかなか始めることができなかったのです。

それが stand.fm を始めることで、一気に話すことへの抵抗がなくなりました。

顔出しをせずにしゃべりだけの配信をできることが、心理的なハードルを下げてくれたのだと思います。

そうやって音声配信を続けているうちに、いつのまにか顔出しして人前でお話することも平気に!

今では自分でセミナーを主催しているほどです。stand.fm さまさま、といったところでしょうか。

まとめ

stand.fm は知名度からいうと、まだまだyoutubeやポッドキャストには劣るかもしれません。

でも逆にいうと、今からもっともっと成長していくだろうしリスナーや配信者も増えていく可能性のあるアプリだと言えます。

stand.fm、本当に楽しいです。ぜひ一緒に始めてみませんか?