自宅を事務所とするときに、仕事と家事のバランスを上手に取る方法

こんにちは、 渡邊 由佳 ( @officeyuka )  です。

ひとりで仕事をしている方は、自宅を事務所にされている場合が多いと思います(私もそうです)。

費用を抑えることができる、いつでも仕事ができるなど、自宅を事務所とするメリットは多いですが、デメリットの一つに「同じ場所で仕事と家事をやるのでバランスが取りづらい」ということが挙げられます。

そこで今回は、自宅を事務所とし、仕事も家事の両方をこなしていらっしゃる方のために仕事と家事のバランスを上手に取る方法をお伝えします。

女性だけでなく、男性もぜひ読んでみてくださいね!

自宅が事務所だからこそ仕事と家事のバランスが大切

仕事と家事なんて、誰でもやってるよ!

たしかに、会社勤めの方や自宅以外に事務所をお持ちの方でも、ほとんどの方が仕事も家事もなさっています。

ただ、外で仕事をする場合は 気持ちの切り替え や 時間のメリハリ がつけやすいので、「外では仕事、家では家事」というようにバランスが比較的取りやすいです。

ところが、自宅を事務所としている場合は「仕事も家事も家」なので、どうしても気持ちが切り替えにくく、時間のメリハリもつけにくいのが正直なところではないでしょうか。

実際に私は、自宅で仕事をし始めた当初は次のようなことに苦労しました。

  • なんだかんだで家事が気になり仕事に集中できない
  • 反対に仕事に没頭してしまうと家事がおろそかに
このように、自宅で仕事をする場合は放っておくと仕事も家事がどっちつかずになり、結局何もかも中途半端になるという危険があります。

だからこそ、自宅を事務所とするときほど仕事と家事のバランスを上手に取ることが大切になってくるのです。

仕事と家事のバランスを上手に取る方法

それではここから、実際に自宅を事務所とするときに仕事と家事のバランスを上手に取る方法をご紹介していきます。

方法① 仕事と家事を分けて考えない

そもそも、自宅で仕事をするときに仕事と家事を分けて考えることは不可能です。

だから「仕事と家事を分けて考える必要はない」ということをまず自分自身に納得させましょう。

な〜んだ、分けて考えなきゃと思ってたからかえってうまくできなかったんだ!

そうなんですよね、真面目で仕事熱心な方ほど「仕事と家事をきっちり分けて、どっちも完璧にしなきゃ」と思いがち。

世の中には「分けない方がうまくいく」こともたくさんあります。気楽にいきましょう。

方法② 家事も含めたやるべきことを「すべて」タスク化する

仕事と家事を分けて考える必要はありませんが、それだけではまさに「なしくずし」になってしまいます。

そこで、仕事だけではなく家事も含めたやるべきことを「すべて」タスク化してしまいましょう。

具体的に、私のある1日のタスクを時系列に沿って挙げてみます。

タスク 仕事or家事
起床/主人のお弁当作り 家事
朝食 家事
朝のデータチェック 仕事
新聞 仕事
主人見送り 家事
執筆 仕事
銀行 仕事
夕食の買い出し 家事
昼食 家事
お客様対応 仕事
ホームページ修正 仕事
夕食の準備 家事
1日の振り返り、翌日の準備 仕事
主人帰宅(業務終了) 家事

これは決して「ある1日がこうだった」という記録ではありません。

仕事も家事も含めたすべてのやるべきことをタスク化し、実行した結果です。

私は「TaskChute Cloud(タスクシュート クラウド)」という有料のタスク管理ツールを使って自分のタスクを管理しているのですが、別に紙のメモでもかまいません。

ポイントは仕事も家事も関係なく、やらなければならないことを「すべて」書き出してタスク化するということ。

こうすれば、わざわざ仕事と家事を分けなくても「やらなければならないこと」というくくりでタスクを進めていきますから、どちらかが中途半端になることはありません。

この方法は、特に家事全般をしていらっしゃる主婦(主夫)の方にオススメです!

方法③ 日頃から家族とのコミュニケーションを密にしておく

今日だけはどうしても仕事に集中しなきゃ…

日頃は仕事と家事のバランスが上手く取れていても、やはりここ一番で仕事に集中しなければならないときはあるはずです。

すると、当然家事にまで手が回らなかったり、家族にしわ寄せがいってしまうわけですが、いざ事が起こってからだと家族も困ってしまいますよね。

そこで、日頃から家族とのコミュニケーションを密にしておくことが大切になってきます。

たとえば、仕事の予定は早め早めに家族に伝えておく、食事を作れないときのルールをあらかじめ決めておく、どこに何があるかを家族で共有しておく、など。

一見当たり前のことばかりのようにも思えますが、家事を1人でこなしていらっしゃる場合は「仕事も家事も自分でやらなきゃ!」と抱え込んでしまい、家族との情報共有ができていないことが実は多いです。

いざというときに家族の協力を得るためにも、常日頃から家族と仲良くし、コミュニケーションを密にとっておきましょう。

まとめ

私は家事も立派な仕事だと思っています。

だからこそ無理に分けてもいませんし、それが結果的に「仕事と家事のバランスを上手に取ること」にもつながっています。

自宅を事務所とすることにはメリットもたくさんありますから、そのメリットを活かすためにもぜひ仕事と家事のバランスを上手に取ってくださいね。