ゆかねぇ(渡邊 由佳)のプロフィール

初めまして、ゆかねぇです!

このたびは当ホームページにお越しいただき、まことにありがとうございます。

ギャラップ認定ストレングスコーチ・社会保険労務士 の「ゆかねぇ」こと 渡邊 由佳 です。

私は、一人ひとりが持つ強みを最大限引き出し、自分らしく生きるための一歩を踏み出すお手伝いをしています。

 

突然ですが、あなたは「自分自身の強みを知っている、そしてそれを活かせている」と自信を持って言えますか?

おそらく多くの方が「強みを活かすことの大切さはわかるけれど、自分の強みも、その活かし方もわからない」とお思いではないかと思います。

何を隠そう、私自身が何十年もそうやって悩みながら生きてきました。

やることなすことすべてうまくいくときもあれば、何をやってもうまくいかないときもある。

それにはきっと何か理由があるのだろう。そして、自分の強みを知れば自分自身をコントロールすることができ、人生はもっともっと素晴らしいものとなるのだろう。

そう頭では思いながらも、自分の強みも強みの活かし方もわからないままでした。

しかしストレングスファインダーと出会い、ストレングスコーチのセッションを受けたことで、私の人生は一変しました。

私は自分に与えられた唯一無二の強みを知りました。自分自身の素晴らしさを知り、「人は誰でも素晴らしい」ということを知りました。

そして、自分が本当にやりたかった(でも「無理だ」と諦めていた)夢を思い出しました。

迷いながらも懸命に生き、頑張っている人たちの力になる。

そのために私は ギャラップ認定ストレングスコーチ になり、今では毎日素晴らしいクライアント様に恵まれながら夢を実現しています。

 

このプロフィールでは、迷い続けた私の過去もすべてさらけ出しています。

なぜなら悩み苦しんだからこそ今の自分があり、強みを活かすことの大切さと素晴らしさを伝えられると思うから。

かなりの長文になりますが、ご興味のある方はぜひ最後までお付き合いください。

もちろん「手っ取り早くゆかねぇのことが知りたい」という場合は、ざっくり自己紹介だけでも大丈夫です。

ざっくり自己紹介

ゆかねぇ(渡邊 由佳/わたなべ ゆか)

ギャラップ(Gallup)認定ストレングスコーチ
社会保険労務士

大学を卒業後居酒屋に就職するも、仕事のストレスでパニック障害とうつ病を併発。

その後10回以上転職を繰り返すが、2017年 に家族の事情で愛知県に引っ越したのを機に、それぞれの会社での経験を活かして 社会保険労務士 試験に合格、2019年10月 社会保険労務士 登録。

現在は 社会保険労務士 としてだけでなく、ギャラップ認定ストレングスコーチ として ストレングスファインダー を用いたコーチングセッションで人気を博している。

ストレングスファインダーの TOP5 は 達成欲・学習欲・共感性・未来志向・目標志向。

◆1976年11月22日 京都市上京区生まれ
◆関西学院大学 法学部 法律学科 卒業
◆40年間関西暮らし、現在は 愛知県 在住
◆限りなく O型 に近い A型

ゆかねぇってこんな人

私 ゆかねぇ はざっくり言うとこんな人です。

  • 声が大きい
  • なぜか目立つ
  • どうやっても関西弁
  • 情にもろい
  • ミニマリスト
  • 曲がったこと、筋の通っていないことが大嫌い
  • 右手に覇王線がある
  • 暗黒時代のカープファン
  • 三度の飯よりビール好き
  • 座右の銘は「どうせ全部うまくいく」

その他の保有資格

ギャラップ認定ストレングスコーチ、社会保険労務士の資格だけではなく、次のような資格も保有しています。

  • 行政書士(未登録)
  • 上級心理カウンセラー
  • 行動心理士
  • 2級ファイナンシャルプランニング技能士
  • 給与計算実務能力検定 1級
  • 年金アドバイザー 3級
  • 簿記 3級
  • 整理収納アドバイザー 2級
  • 日本漢字能力検定 2級

ずっと自分に自信が持てなかった

ずっと、自分に自信が持てませんでした。

こんなことを言うと、今の私を知っている人からは「絶対嘘だ」「信じられない」と言われるでしょうが、本当です。

小さい頃から他人の目ばかり気にして、他人の評価が怖くて仕方がありませんでした。

そのために、いつしか自分の価値を他人に委ね「他人からの評価=自分の価値」と思う大人になってしまっていたのです。

そして結果的に、私は自分の価値を完全に見失い、パニック障害とうつ病になりました。

直接的な原因は仕事のストレスです。でも、本当の理由はそうではありません。

自分で自分の価値を信じることができず、他人の評価が自分のすべてだと思っていたからこそ、(今となっては)些細な失敗で自分の全人格を否定してしまったのです。

 

その後、3年 以上もの時間をかけて薬を飲まなくても良いぐらいには回復しましたが、私の思考が変わったかと言うとまったくそうではありませんでした。

うまくいくときは大丈夫だけど、ちょっとしたことですぐに落ち込み、悩み、また自信をなくす、その繰り返し。

そんな自分を変えたい。だけどどうすれば?

そんな風にずっと思い続けていた私に、ある転機が訪れます。

 

2017年、生まれてからずっと住み続けていた関西から、主人の実家がある愛知県に引っ越すことになりました。

ここで私は「何か資格を取って独立しよう」と思い立ちます。

住み慣れない土地、知人もゼロ、やりたい仕事もないから、というのが表立った理由ですが、心の中には「資格を取ることができたら自分に自信が持てるはず」という半ば切実な思いを抱いていました。

結果は 2018年 に無事 社会保険労務士 試験に合格。

本当に嬉しかったです。合格したこともそうですが、それよりも「合格したことでやっと自分に自信が持てるようになった!」という嬉しさのほうが数百倍ありました。

でも…。

私はやっぱり自分の価値を見失ってしまいました。

他の社会保険労務士の方を見れば「なんてすごいんだろう、それに比べて私は」と自分を卑下し、資格に頼った自信など一瞬で崩壊。

そして、いつしか人の集まる場所に行くことすらできなくなりました。

結局私はダメなんだ。何をやったって価値のない人間なんだ。

最後はそれほどまでに自分を追い詰めてしまったのです。

生まれ変わったきっかけ

国家資格まで手にしても自分の価値を見失い、自暴自棄にすらなっていた私を救ってくれたのはストレングスファインダー と 認定コーチによる個別セッションでした。

見るに見かねた知人の紹介を受け、藁をもすがる思いで受けたこのセッションで、私は自分が元々生まれ持っている、私にしかない唯一無二の強みを知りました。

自分自身の素晴らしさを知りました。そして同じくらい「あらゆる人は誰もが素晴らしい」ということも知りました。

私は、私のままでいいんだ。

生まれて初めてそう思いました。本当にそれぐらい衝撃的なセッションだったのです。

 

セッションが終わってからも、私は何度も何度も自分の強みを牛のように反芻(はんすう)し、自分の血肉にしようとしていました。

その中でふと、私がかつて思い描いていた(でもいつのまにか諦めていた)夢を思い出したのです。

迷いながらも懸命に生き、頑張っている人たちの力になる。

かつての自分がもがいていたように、今まさに迷い、苦しんでいる人がいる。

そんな人たちの力になりたいと思いつつ、やり方がわからないためにそっと胸の奥にしまっていた夢。

でも、それぞれが持つ強みを引き出すことができたら、自分の素晴らしさに気づいてもらうことができたなら、きっと誰もが自分の足で一歩を踏み出せるはず。

 

そうだ!私もストレングスファインダーのコーチになろう!

そして一人でも多くの人が自分らしく生きることができるようにお手伝いをしよう!

 

こうして私はストレングスコーチになりました。

そう、自分の強みを知ったことでずっと抱いていた夢を実現し、人生すら変えることができたのです。

強みを活かせば人生は変わる

私は自分の強みを知ることで人生そのものが大きく変わりました。

でも、ここまで読んでくださったかたは心のどこかでこう思っているのではないでしょうか。

それは、あなただからできたんでしょ?と。

本当にそうでしょうか。私にはできて他の人にはできないことでしょうか。

私はそうは思いません。

なぜなら、誰一人として同じ強みを持っている人はなく、誰もが唯一無二の素晴らしい強みを持っているから。

ただ、その強みに気づいていないだけのこと。

もし自分が持つ本当の強みを知り、活かすことができれば、もっと自分らしく、もっとイキイキと、自分の人生を生きていくことができるはずなのです。

他の誰でもない、自分自身の人生を、自分の力で切り開くことができるはずなのです。

人生に無駄なことは何もないから

思えば私の人生は回り道ばかりでした。

つまづかなくてもいいところでつまづき、悩まなくていいところで悩み、たくさんの人に助けていただきました。

だけど今なら思います。回り道もすべて無駄ではなかったと。

なぜなら、回り道をしたからこそ私はコーチという仕事と出会うことができたし、強みを活かすことの大切さと素晴らしさを伝えることができるから。

 

次はあなたの番です。

あなたにはあなたにしかない強みがあります。

その強みは、あなたが悩み苦しんだ分研ぎ澄まされ、あなたに見出してもらえるのを待っています。

そしてあなたが自分の強みを知ったとき、きっとこう言うでしょう。

ああ、私は私で良かった、ありがとう、と。

 

あなたが自分の強みを活かし、喜びに満ち溢れた人生を送るお手伝いができる日を楽しみにしています。