不安になるのは勉強しているから!勉強中に不安になったら思い出してほしい3つのこと

こんにちは、 渡邊 由佳 ( @officeyuka )  です。

本試験まで3ヶ月を切ってくると、勉強すればするほど不安になる受験生も多いのではないでしょうか。

でも、不安だからと言って勉強が手につかなくなってしまっては本末転倒です。

今回は、不安を抱えながら勉強しているすべての受験生に向けて、勉強中に不安になったら思い出してほしい3つのことをお伝えします。

大丈夫!不安になるのは勉強しているからこそです!

不安にならない人はいない

真っ先に思い出してほしいのは、勉強していて不安にならない人はまずいないということです。

いや、中にはいるかもしれませんが、それは とてつもない自信がある か 何も考えずに勉強している かのどちらだと思われます。

そもそもが受かるかどうかもわからない難関資格。このままで受かるだろうか。

自分が選んだ勉強法は正しいのか?もっとよい方法があるのではないか。

仕事を辞めるなど退路を絶っての勉強。収入は?家族は?自分の未来は?

不安を言い出せばキリがありません。

でも心配しないでください。不安になるのは勉強しているからこそ

必死に、本気で勉強しているからこそ不安になるのだ!と自信を持ってほしいです。

それでも前には進んでる

勉強していると、同じところを堂々巡りしているような思いにかられ、不安になることがあります。

決してそんなことはありません。勉強しているかぎり必ず前に進んでいるということを思い出してください。

特に試験の直前になると問題演習が増えますから、次のような不安がむくむくと頭をもたげてきます。

また同じところを間違えた。大丈夫かよ、自分。

なぜこんなに忘れるんだろう。覚えるより忘れるスピードの方が早いんじゃない?

もしかして別の問題集の方がよかったかな…。

わかります、痛いほどわかります。私もそうでした。何度自分に「脳みそ豆つぶか!!」と叫んだことか。

ですが、自分では足踏みしている(むしろ後退している)ように感じていても、たとえわずかでも確実に前には進んでいます

1問解けばそれが力になり、1問間違えばそれが知識になっています。

今勉強していることが無駄になることは絶対にありません。負けないで!

勉強することでしか不安は消えない

不安が募ってくると逃げ出したくなるのが人の常。

だけど、そんなときほど勉強することでしか不安は消えないということを思い出してほしいです。

車の運転が不安でも、明日のプレゼンが不安でも、練習することでしか不安は消えませんよね?

「フラれるかもしれない」と不安でも、告白しない限り不安なままでしょう(告白後の保証はしかねます)。

つまり、不安を取り除くにはその不安に真っ向から立ち向かうしかないのです。

厳しいと思うかもしれませんが、勉強から逃げたところで問題が解けるようにはなりません。

逆に言うと、勉強することが不安を解消する唯一の方法とも言えます。

「不安だから逃げる」ではなく「不安だからこそ勉強する」に意識を変えてみましょう。

そうすれば不安も消え、いつしか不安を乗り越えた自分に自信をもつことさえできるようになりますよ!

まとめ

「不安」は姿の見えない魔物のようなもの。

放っておくとどんどん大きくなり、心を押し潰してしまいます。

だからこそ、不安を感じたらこの記事を思い出し、少しでも早く不安を取り除いてほしいのです。

受験生のみなさんが本来の力を発揮して試験に合格されることを心から祈っています。がんばれ!

合わせて読みたい関連記事

模擬試験の効果的な受け方を徹底伝授!ただ受けるだけではもったいない!

card2 id=”484″ target=”_blank”] 行政書士試験に市販のテキストだけで合格した私の勉強法、すべて見せます!