メルマガ「ゆかねぇからの手紙」登録はこちら

資格を取る意味はある?資格を取ることで得られる3つのメリット

こんにちは、社会保険労務士・ギャラップ認定ストレングスコーチの ゆかねぇ (@officeyuka) です。

何か資格を取ろう。

そう決めたとき、水を差すセリフナンバーワンが「資格を取るだけでは意味がない」という言葉。

身内や親しい友人から、はたまたインターネットから、そう言われて資格取得をあきらめた経験がある方も少なくはないでしょう。

では果たして本当に資格を取る意味はないのでしょうか。

「資格なんて」と思っていた

私は現在 社会保険労務士 としてお仕事をしています。

合格したのは2018年。その年は「とにかく取れるだけの資格を取る!」と決め、ひたすら勉強した1年でした。

そのときに取ったのが次の資格たちです。

  • 社会保険労務士
  • 行政書士
  • ファイナンシャル・プランナー2級、3級
  • 簿記3級
  • 給与計算検定2級
  • 年金アドバイザー3級

これだけの資格を約1年で取りまくった私ですが、実はそれまで「資格なんて取る意味ないでしょ」と思っていました。

資格を持っているからって使いこなければ意味がないし、持っているだけで稼げるわけでもない。

むしろ資格がなくたって仕事がデキる人は山のようにいる。

資格なんて「資格持ってるんだぞ、すごいだろ」と自慢するためのただのネタだし、中身はろくでもない人間ばっかりだ。

こんなふうに思っていたんですね。今振り返ると「何様やねん」と自分でも思いますが(笑)。

だから自分がこんなに資格を取ることになるとは思ってもみませんでした。

資格を取ったことで考えが変わった

「資格なんて取る意味はない」と思っていた私が資格を取ろうと決めた理由は、引っ越しがきっかけです。

知り合いもいない不慣れな土地に引っ越し、やりたい仕事も見つからなかった私は「資格を取って独立するしかない」と考え、独立が可能な資格を探しました。

それが社会保険労務士だったというわけです。

約1年間必死に勉強し、おかげさまで無事合格を果たした私は、資格を手にしたときに初めて「資格を取る意味は間違いなくある」と考えが180度変わりました。

一つの資格を取るということは、それぐらい大きな衝撃だったのです。

資格を取ることで得られるメリット

今では私は、確信を持って「資格を取る意味はある」と断言できます

その意味をメリットという形で3つご紹介します。

得られるメリット① 資格が得られる

資格を取れば、当然のことながら資格が得られます

このことがなぜメリットかというと、資格がなければできない仕事ができたり、就けない職業に就けたりするからです。

私が持っている社会保険労務士の資格も「独占業務」というものがあり、社労士でない人がその業務をすれば違法となり罰せられてしまいます。

以前携わっていた建設業では、資格がないと乗れない機械やできない作業が多くありました。

また資格を持っていることで、社内での評価や査定にプラスとなったり、就職・転職で有利に働くこともあるでしょう。

このように、資格があることで初めてできる仕事がある、評価もされるからこそ、資格を取る意味があると私は考えます。

得られるメリット② 知識が得られる

資格を取るためには多かれ少なかれ勉強をすることになりますから、その分野についての知識が得られます

もちろん、資格を取る目的でなくても本を読んだり勉強したりすることはできますし、そうやって学びを深めていらっしゃる方も多いでしょう。

ただ資格試験は試験日という期限が決まっていますし、ある一定以上の点数を取らなけば合格しないという基準もあります。

期限や基準があることで強制的に学ぶことができますし、集中することで知識は身につきやすくなります。

また普段の生活ではなかなかお目にかからないような知識も資格試験の勉強では得ることができますから、知識の幅が広がります。

知識は力です。力をつけるという点で資格を取る意味はおおいにあるでしょう。

得られるメリット③ 自信が得られる

資格を取ることで得られるメリットのうち、私がもっとも大きいと思っているのが自信が得られるということです。

どんな資格であれ、取得するのは簡単ではありません。国家資格ともなればなおさらでしょう。

合格するためには働きながら、家事や育児・介護をしながら、時間を見つけてコツコツと勉強を続けなければなりません。

ときには遊びに行きたい気持ちを我慢しなければならないこともあるでしょう。家族に「ごめん」と謝り、勉強を続けなければならないこともあるでしょう。

それだけの努力をし、自分を律した結果得られるのは、合格と同時に「自分はこれだけのことができた」という自信です。

合格はあくまでも結果でしかありません。それよりも大切なのは合格までやりきった自分の心と身体そのものだと思います。

自分の力で何かを成し遂げた。

この自信はその後の人生にプラスになることは間違いありません。だって私がそうですから。

最後に

持っている資格の多さから「資格のデパート」と言われることもあります。

資格を取ったからと言って明日から仕事が来るわけでも、すぐに食えるようになるわけでもありません。

それでも私は、資格を取る意味はあると思います。

資格取得は自分との戦い。その戦いを勝ち抜いて得た自信は何ものにも代えられないものです。

たとえ今が苦しくても、その苦しみは絶対に無駄にはなりません。

だからがんばれ!受験生!