「資格を目指す『本当』の理由」が合格を勝ち取る最大の原動力だ!

こんにちは、 1年で社会保険労務士と行政書士の試験にダブル合格した 渡邊 由佳(わたなべ ゆか)です。

「絶対に合格する!」と固く決意し、意気揚々と始めた資格試験の勉強。

それなのに、最近はなんだかやる気も出ないし勉強も停滞気味…。

そんな受験生はいませんか?

資格試験の勉強は長い道のりのため、勉強を始めた頃の熱い気持ちが薄れてしまいがちです。

そこでこの記事は、熱い気持ちを見失った受験生のために、合格を勝ち取る原動力となる「資格を目指す『本当』の理由」の大切さをお伝えします。

なぜなら、その「本当の理由」こそが合格を勝ち取る最大の原動力になるからです!

あなたはなぜその資格を目指そうと思ったのですか?

さて、改めて質問します。

あなたはなぜその資格を目指そうと思ったのですか?

きっと100人いれば100通りの「目指す理由」が出てくるはずですし、1つだけの理由でもないと思います。

例えば…

  • 社会に貢献したい!
  • 人の役に立ちたい!
  • 世の中を変えたい!

といった「高尚な理由」もあるでしょう。他にも、

  • 会社で「取れ」と言われたから仕方なく
  • 資格がないと昇給できない
  • 家系的に取らざるを得ない状況

というような「やむを得ない理由」もあるはずです。

いろんな理由があって当然ですし、どれも「資格を目指す理由」に間違いはありません。

では、質問を変えます。

心の底から湧き上がる、「資格を目指す『本当』の理由」は何ですか?

心の底から湧き上がる「本当の理由」が大切なワケ

資格を目指す『本当』の理由、しかも心の底から湧き上がる理由。

パッと即答できる方、実は少ないはずです。

でも、この心の底から湧き上がる「本当の理由」が合格を勝ち取るのに最も大切なのです。

「本当の理由=欲求」こそが人を突き動かす

ここまで「本当の理由」と綺麗な表現をしてきましたが、「本当の理由」とはすなわち「欲求」のことです。

「欲求」を辞書で引いてみるとこのように書かれています。

日常語としては「何ものかを欲しがり求めること」をいい「欲望」に類するが、心理学・精神医学の術語としては、人間を行動にかりたてる意識的・無意識的な動因一般を指すことが多い。

「コトバンク」より引用

つまり、欲求が人を行動させ、その欲求が強ければ強いほど人を突き動かすパワーも強くなるのです。

綺麗ごとであったり上っ面の理由は「欲求」ではありませんよね。そのため、人を行動させる力も弱く、合格に向けての原動力にはなりにくいです。

だからこそ心の底から湧き上がる「本当の理由」、すなわち「欲求」こそが合格を勝ち取るために大切なのです!

「本当の理由」はなんでもいい

「自分にとって『資格を目指す本当の理由』ってなんだろう…」と考え込んでしまったあなた、そんなに深く考えなくても大丈夫。

理由なんてなんでもいいんです。別にその資格に関係なくてもいいんです。

例えば、次のような感じでしょうか。

  • モテたい
  • お金持ちになりたい
  • 会社を辞めたい
  • 家を飛び出したい
  • アイツを見返したい
  • あの人に認めれたい

これでもまだまだお上品な理由に感じますね。

どうせなら思いっきり不純な方がいいぐらいです。その方がより「欲求」に近くなりますし、パワーも強くなりますから。

別に誰かに言う必要もありませんので、自分自身の「心の声」に正直になればきっと見えてきます。

ちなみに、私が資格を目指した本当の理由は…もちろん言えません(笑)。

でも、その理由があったからこそ頑張れたし合格できた、ということは胸を張って言えます。

まとめ:勉強は孤独だからこそ

資格試験の勉強は孤独ですし、難関であればあるほど長期間に渡ります。

人によってはホイホイと合格してしまうでしょうが、大多数は悩んだり、苦しんだり、諦めかけたりを繰り返して合格にたどりつくはず。

そんな時に立ち戻れる「心のよりどころ」があれば、勉強を投げ出したくなっても必ずやり通すことができます

私はそうでした。

どうか、自分だけの「資格を目指す『本当』の理由」を胸に、合格を勝ち取ってください。応援しています!