無料メルマガ「ゆかねぇからの手紙」登録はこちら

突然溢れ出した涙。そして気づいた私の心。

こんにちは、ギャラップ認定ストレングスコーチの ゆかねぇ (@officeyuka) です。

私は大人になってからのほうがよく泣くようになりました。

子供の頃は我慢強かったし、「感情を表に出すのが恥ずかしい」という気持ちが心のどこかにあって。

とはいえ、このところはすっかり気持ちも安定していたので、「泣くこと」とは無縁の生活を送っていたんです。

でも。

ある日突然来るんだよなぁ、涙ってやつは(苦笑)

不意に流れ出した曲で号泣

中高と吹奏楽部に所属していたぐらい音楽好きの私でしたが、結婚する前ぐらいからほとんど音楽を聴かなくなりました。

耳がね、受け付けなくなったんです。

音楽に限らずいろんな音を「ノイズ」と感じるようになってしまったというか。

ただ、今でも唯一聴くことがあるのが、週に1回家中のそうじをするとき。

聴いたり聴かなかったりだし、特別聴きたいアーティストもいないので、いつもYouTubeで適当なミックスリストを探してかけてます。

 

まさに先日もそんな感じでした。

聴くともなしに聴きながら(ときには歌いながら)調子良く床の雑巾掛けなんかをしていたそのとき、ある曲が流れてきました。

アンジェラ・アキさんの「手紙〜拝啓 十五の君へ」です。

 

アンジェラと言えば弾き語りですよね。

アンジェラ、昔は大好きでアルバムも何枚か持っていたし、よく聴いてもいました。

とはいうものの、当時は「手紙=合唱コンクールの課題曲」というイメージしかなかったので、曲自体にはなんの思い入れもなかったんです。

でもやっぱり懐かしいじゃないですか。

だからつい一緒になって口ずさんでいました(私の耳は数回聴けばある程度「耳コピ」できるぐらい高性能なので覚えてる)。

そしたらね。

 

急に目頭が熱くなってきて。

「あれ?あれれ?」って思ってる間に「ぶわああぁぁぁぁぁっっっ!!!」って涙が溢れ出してきて。

もう止まらなくなって。最後には嗚咽になって。

 

ほんと、自分でも「え?え?」って感じだったんですが、仕方ないからひととおり出尽くすまで泣きました、雑巾掛けしながら(笑)。

なんで泣いちゃったんだろ、と思ったけど

突然涙が溢れ出したとき、最初は正直わけがわからなかったんです。

「なんで?今そんなに辛いこともないし、我慢もしてないし、ストレスだって溜まってないのに」

と思って。

でも、そうじが終わってから改めて歌詞を見直してみたら、涙の意味がわかりました。

ほんの一部だけ引用しますね。

負けそうで 泣きそうで 消えてしまいそうな僕は

誰の言葉を信じ歩けばいいの?

ああ 負けないで 泣かないで 消えてしまいそうなときは

自分の声を信じ歩けばいいの

アンジェラ・アキ「手紙〜拝啓 十五の君へ」より引用

 

私は常々「自分らしく生きる人を応援したい」と思っているし、私自身も「自分らしく生きる」を体現していこうと思っています。

でもそんな生き方は、まだまだ世間からすれば「はみ出た生き方」かもしれず。

だから私は心のどこかで、見えない何かと、ずっと「闘って」いて、本当は不安で仕方がなかったのかもしれない。

そして誰かに「大丈夫だよ、そのままでいいんだよ」と言ってほしかったのかもしれない。

そんなとき、アンジェラが歌を届けてくれた。

「自分の声を信じ歩けばいい」と言ってくれた。

きっと私、嬉しかったんです。ほっとしたんです。それで涙が溢れ出たんだな、と。

たまには泣くのもいい

涙を流して気づいたのは「私、ちょっと無理してたのかも」ということ。

無理や我慢って、気づかないからしてしまうわけで(気づいたらやめられる)。

だから泣けて良かったし、嬉しかったです。

たまには泣かなきゃダメだな(笑)。