メルマガ「ゆかねぇからの手紙」登録はこちら

ミニマリストという生き方。ミニマルに生きるメリット、デメリット

こんにちは、ミニマリストの ゆかねぇ (@officeyuka) です。

ミニマリストとは少ない持ち物で心豊かに過ごす人のこと。

言い換えれば、自分にとって本当に必要な物だけを身の回りに置くことで、かえって心が豊かになるという考え方で生きる人のことです。

私は長らくミニマリストとして生活しています。もはや生きかたそのものと言ってもいいぐらい。

ミニマリストとして生きるメリットとデメリットを考えてみました。

ミニマリストになったきっかけ

私がミニマリストになったのは今から5年ほど前です。

当時は家計に意識がすごく向いていて、「いかに節約するか」ばかりを考えブログを読み漁っていました。

ちょうど主婦の節約ブログが流行っていた時期でもあったようです。片っ端からブログを読んでいるうちに「ミニマルライフ」「ミニマリスト」という言葉をよく目にするようになりました。

最初は「ミニマリスト?何それ?」と思っていたものの、調べていくうちに「これっていいかも!」と思うようになり、少しずつ物を手放し始めたのです。

手放した物たち

真っ先ににやったのは化粧品を手放すこと=肌断食です。

肌断食ってどうなの?肌断食歴5年の私がメリット・デメリットをすべて語ります!

肌断食は化粧品どころか化粧水・乳液・洗顔料も一切使わず水だけで洗顔する方法。

よりにもよって相当難易度の高いところから始めたものですが、今となっては「やってて良かった」としみじみ思います。

そこから服・本・あらゆる持ち物と断捨離が加速し、毎週のように大量のゴミ袋を捨てるように。収納していたラックや棚、ケースなんかもバンバン手放していきました。

極めつけは想定外の引っ越しが決まったこと。そのタイミングで「これでもか(笑)」と物を整理し、今に至ります。

今の暮らし

今となっては物の少ない暮らしが当たり前となってしまったので「持ち物が少ない」という自覚そのものがないのですが、しいて挙げるとするなら次のような暮らしをしています。

  • シーズン(冬or夏)ごとにトップスは2~3枚ずつ
  • ボトムスは基本的に1本のジーパンのみ
  • 下着は3セット
  • 本はどうしても手元に置いておきたいもの以外読んだら売る(最近は手元の本が増えてきましたが)
  • 食器は常時使うものだけ
  • 床に物を置く必要がない程度の持ち物
  • 何ごとにつけ「予備」の考えがない
  • 「いつか使うは使わない」が基本スタンス

一時期は「断捨離ハイ(ランナーズハイみたいなもの)」状態に陥り、やりすぎなぐらい物を手放していた時期もありました。

行き着くところまで行って今は少し落ち着いたかな、という印象です。とはいえ今でも「これいらんわ」と思った瞬間に手放すスピードは変わりません(笑)。

ミニマルに生きるメリット・デメリット

ミニマリストとしてミニマルに生きることには、メリットもデメリットもあります。

ミニマルに生きるメリット

物が少ないと管理する時間や手間が減りますし、掃除も楽です。無駄な物を買わなくなるので節約にもなります。

でも、ミニマルに生きるメリットだと私が一番考えているのは、なんと言っても迷いが減ることです。

物がたくさんあれば、それだけ選ぶ手間がかかります。

選ぶ=迷う、なんですよね。そして迷いは不安につながります

不安になると自分に自信がなくなりますし、思い切った行動もしにくくなります。

物が少なければ良くも悪くも選択肢が少ないので、迷う余地がありません。着る物も持ち物も決まってるので行動も早いです。

迷いがなくなれば脳にスペースが生まれますから、そのぶん好きなこと、クリエイティブなことに思考や心を使うことができるようにもなります。

物理的なスペースだけでなく、脳にも心にもスペースが生まれるのが、ミニマリストとして生きる最大のメリットだと私は思います。

ミニマルに生きるデメリット

私はミニマリストとして生きているぐらいですから、普段の生活でミニマルに生きるデメリットを感じることは特にありません(あったらやってない)。

それでもあえて考えてみるとすれば、選ぶ楽しみが減るということでしょうか。

「あれもほしい、こんなものもある、あ〜〜、どうしよう迷っちゃう!」

こういったワクワクする気持ちをわからないわけではありません。そこまで鉄の女ではないです(笑)。

ただそれは自分にとって本当に必要なもの、大切なものに対してであればいいと思うのですが、なんでもかんでも発動してしまうと結局使わないものばかり増えていくことになります。

物は使って初めて価値を持つし、物もきっと喜ぶ。私はそう考えています。

最後に

物に対する考え方、ましてや生き方は人それぞれですし、私の考えを押し付けるつもりはまったくありません。

たくさんの物に囲まれて幸せを感じる生き方だってアリだと思います。

大切にしたいのは「自分はどう生きたいのか」という軸をはっきりさせておくこと。

一つひとつ、ゆっくりとでいいので、「自分はこう考え、行動する」と言えることを増やしていけるといいんじゃないかな、と思います。