メルマガ「ゆかねぇからの手紙」読者登録はこちら

【ストレングスファインダー】「親密性」の特徴・活かし方を詳しく解説

【ストレングスファインダー】「親密性」の特徴と活かし方

こんにちは、ギャラップ認定ストレングスコーチ・社会保険労務士の ゆかねぇ  (@officeyuka) です。

ストレングスファインダー34の資質のひとつである「親密性」

「親密性」という資質名だけ見ると「深い関係を築くのが得意」といったイメージがわきますが、はたして本当にそれだけでしょうか。

この記事では「親密性」について特徴や活かし方を詳しく解説していきます。

親密性のキーワードは「信頼」です。じっくりと時間をかけて信頼関係を築いていくのが親密性さんなのです!

親密性の特徴

「親密性」は、ストレングスファインダー34のうち「人間関係構築力 」に分類される資質です。

さっそく 親密性 の特徴を見ていきましょう。

親密性の英語名

親密性 の英語名は「Relator」です。

「Relator」はそのまま日本語に訳すと「レポーター」なんて意味が出てきてしまいます。

しかし、そもそもこの単語は relate という動詞に人を表す -er がついたもので、relate には「関係する、結びつける」といった意味があります。

ですので「関係性を大事にする人」というイメージでとらえていただくと良いでしょう。

親密性の本質

親密性 の本質には「深い信頼関係を築きたい」という思いがあります。

信頼関係というものは一朝一夕に作り上げられるものでもなければ、誰彼構わず築けるものでもありません。

だから時間をかけて相手と一対一で向き合い、じっくりと関係を深めていきます。

そして一度信頼すれば裏切ることはありません。

本物の人間関係を求め、深いつながりを大切にする。

その誠実さこそが親密性の持つ強さなのです。

親密性を上位に持つ場合の行動

親密性 を上位に持つ場合、すでに知っている人のことをもっと知りたいと考えます。

決して新しい出会いが嫌いというわけでもなく、大勢の集まる場所を避けているわけでもありません(苦手な人は多いですが)。

ただ、少ない人数の深い関係を持った仲間と一緒に過ごしたり、何かをすることのほうに喜びと満足感を覚えるのです。

要は信頼できる人と一緒にいたいし、もっと知りたいと考えるんですよね。

でも信頼関係ってそう簡単に作れるものではありません。初対面で「この人は信頼できる!」なんて見抜くことは至難の業ですし。

だから結果的に親密性さんは親しくなるのに時間がかかるし、人見知りに見られることも多いというだけ・・なんです。

そのかわり一度信頼したら裏切ることはまずありません。反対にもし裏切られた日には、めちゃくちゃへこむかブチ切れて速攻縁を切るかです。

また本物の人間関係を求めるので、うわべだけの薄っぺらい関係やノリだけの集まりは苦手です。

ちなみに親密性さんからは「小学校からの友人と今でも毎年会っている」「幼なじみが近くに住んでいるのでしょっちゅう遊んでいる」なんてこともよく聞きます。

狭く深い人間関係を築いて大切にする親密性さんならではですね。

親密性が弱みとして働くと…

どの資質もうまく使えているときは良いのですが、使い方を間違えると弱みとして働き、妨げになってしまうことがあります。

親密性 が弱みとして働くと、親しい人だけで派閥を作ってしまうことがあります。

またそういった人たちをえこひいきしてしまうことも。

新しい人との関係を作っていくのに時間がかかるという面はあるでしょうが、少し注意が必要かもしれません。

とはいえ弱みは、自分の成長を阻害したり他人に迷惑をかけていなければ、基本的に気にしなくてよいと私は考えています。

弱みとして働くことを恐れるあまり、資質が持つ素晴らしい強みが消されてしまっては本末転倒ですからね!

親密性の活かし方

親密性 の特徴を知ったら、次は実際に仕事や生活に活かして「強み」にまで磨き上げていくことが大切。

そこでここからは、親密性 の活かし方を見ていきます。

親密性を持っている人が身近にいる場合

親密性 を上位に持っている人が身近にいる場合、「気にかけているよ」ということを折に触れ伝えてあげると良いです。

親密性さんは親密であることに心地よさを感じます。ですから相手との距離がどの程度であるかを確認したいんですね。

そのために「ちゃんと近くにいるよ」ということを伝えてあげてほしいのです。

また親密性さんにとっては信頼関係が何より大切なので、定期的に信頼関係を深める機会を作りましょう。

その際は可能なかぎり一対一で。そして通り一遍の話題や仕事の話だけではなく、家族のことや趣味の話といった「その人のことがわかる話題」も少しずつ話していってみてください。

肩書きや地位より性格や人となりのほうを親密性さんは知りたいと思っていますので、信頼を勝ち得るきっかけにもなるはずです。

親密性はこう活かす!

自分自身が 親密性 の才能を強く持っている場合、活かすには次のような方法があります。

活かし方① 時間をかけて一対一で関わる

昨今は何かとスピードが重視されたり、オンラインを通じた人との関わりも増えてきました。

でも本当に信頼できる相手と深い関係を築くには時間がかかりますし、大勢の人とのうわべだけの付き合いでは見極めることもできません。

それで、いいんです。無理に世の中の流れに合わせなくていいんです。

だから世の中の流れに翻弄されることなく時間をかけて一対一で人と関わっていってください。

たとえば上司にはあらかじめ個別で話をしたいことを伝えておく。

飛び込み営業ではなくルートセールスで地道に顧客と接していく。

飲み会だって少人数で開催する。

どんな場面でも一対一の関係を作ることは可能です。

そうやって徐々にお互いを知り、関係を深めていくことで強固な信頼関係が出来上がってくるはず。

焦らず、じっくり、やっていきましょう。

活かし方② 自己開示も積極的にやってみる

親密性さんはまず相手のことを知るために時間を費やします。

それはとても大切なことですし必要な過程ではあるのですが、相手のことをもっと深く知りたい、親しくなりたいと思うなら自分のことも知ってもらう必要があるとは思いませんか?

最初はすごく勇気がいるかもしれません。

でも少し相手のことがわかってきたら自己開示も積極的にやってみてください。

もしかしたら思わぬところで一気に距離が縮まり唯一無二の友となることだってあります。

信頼関係は一方通行ではなく双方向の関係。無理のない範囲で少しずつやってみてくださいね。

活かし方③ 身近な人と過ごす時間を確保する

親密性さんにとって、親しい友人や家族と過ごす時間は元気の源であり何よりも大切にしたいもの。

それなのに日々の生活に追われ、家と職場の往復でせいいっぱいといった毎日を送っていると、親密性という資質がどんどん弱っていきます。

ですから親密性と自分自身を常に健やかに保つためにも、できる限り身近な人と過ごす時間を確保してみてください。

会うことができればベストでしょうが、それが難しければ電話やチャット、SNSなどつながりを感じられる時間を取るようにするだけでも違います。

自分には大切な仲間がいる。

たとえ離れていてもいつも気持ちはつながっている。

そう感じることができれば親密性が元気を取り戻していくはずです。

そう、あなたは一人ではありません。

辛いときはいつもみんなが見守ってくれていることを思い出してくださいね。

まとめ

ストレングスファインダー34の資質に優劣はなく、どれも素晴らしいものばかり。

その中で「親密性」という資質は、誠実に相手と深い関係を作り上げていくことができる素晴らしい才能です。

ぜひその才能を理解し、磨き上げることで、自分自身の生き方や他人との関係作りに役立てていってくださいね!

ギャラップ認定ストレングスコーチ、 ゆかねぇ (@officeyuka) でした。

コーチングを受けてみませんか?

「ストレングスファインダー診断を受けたけど結果を見てもよくわからない」「強みを活かして自分らしく生きたい」など、自分の強みをさらに知りたいなら、ぜひ一度コーチングを受けてみませんか?

お問い合わせだけでもお気軽にどうぞ。

Youtubeでも配信中

親密性について Youtube でも解説しています。音声のほうが理解しやすい方はこちらもご覧ください。

こちらの記事もオススメです

ストレングスファインダーとは?受け方、わかること、強みの本質について徹底解説 ストレングスファインダーの「資質」っていったい何?全34の資質も合わせてご紹介 ストレングスファインダー4つの領域 ストレングスファインダーの34資質が分類される4つの領域の特徴と診断結果を見る際のポイント