無料メルマガ「ゆかねぇからの手紙」登録はこちら

【ストレングスファインダー】「活発性」の特徴・活かし方を詳しく解説

活発性【ストレングスファインダーの資質】

こんにちは、ギャラップ認定ストレングスコーチの ゆかねぇ  (@officeyuka) です。

ストレングスファインダー34の資質のひとつである「活発性」

「活発性」という資質名だけ見ると「じっとしているのが苦手そう」なイメージですが、実際のところはどんな資質かよくわかりませんよね。

そこでこの記事では、「活発性」について特徴や活かし方を詳しく解説していきます。

活発性のキーワードはズバリ「やり始めたい!」です。とにかく行動したいんです、じっとしていたくないんです!

活発性の特徴

「活発性」は、ストレングスファインダー34のうち「影響力」に分類される資質です。

さっそく 活発性 の特徴を見ていきましょう。

活発性の英語名

活発性 の英語名は「Activator」です。

Activator」は、そのまま日本語に訳すと「活動的にする人」だったり「活性剤」という意味になります。

ですので「自分が活発」というよりも、むしろ「周囲を活発にする」というイメージでとらえていただくとわかりやすいでしょう。

4つの資質グループのうち「影響力」に分類されるのも納得ですね!

活発性の本質

活発性 の本質には「行動だけが本物」という考えがあります。

決して議論や思考を軽く見ているわけではありません。ただ「行動しなければ何も起こらない」と考えているので、じっとしていることに我慢ができないのです。

結果的に、その行動力やスピードは周囲を巻き込み、物ごとを前に進めていく大きなエネルギーともなっていきます。

活発性を評して「まるでエネルギーの渦(うず)」とおっしゃった方がいましたが、まさにその通り!

活発性を上位に持つ場合の行動

活発性を上位に持つ場合、「行動してナンボのもん」なので、思いついた瞬間に行動を起こし始めていることがほとんどです。

周囲の人間からすると「もうちょっとよく考えたほうがいいんじゃ…」と思うでしょうが、活発性が聞く耳を持つことはまずありません。

というのも、活発性は「走りながら考える」ことでこそ思考が冴え渡り、さらなるアイデアや行動が生まれる資質。

たとえリスクがあっても、走り出した結果落とし穴に落ちたとしても、そこから学び、さらに成長するという不死鳥のような強さがあるのです。

また活発性は、自分が行動するだけでなく周囲にも行動し始めるきっかけを与えます

膠着(こうちゃく)した議論に終止符を打ち、アイデア止まりのプロジェクトを実行に移します。

ときには一歩が踏み出せない友人を励まし、共に行動し始めることもあるでしょう。

いずれにしても、停滞している状況にエネルギーをもたらすのは活発性ならではです。

活発性が弱みとして働くと…

どの資質もうまく使えているときは良いのですが、使い方を間違えると弱みとして働き、妨げになってしまうことがあります。

活発性が弱みとして働くと、本当に後先考えずに行動を起こしてしまうことがあります。

また活発性自身としては普通のスピード、当然の思考回路で行動しているつもりでも、周囲からすると「いや、ちょっとついていけない…」となってしまうことも。

とはいえ弱みは、自分の成長を阻害したり他人に迷惑をかけていなければ、基本的に気にしなくてよいと私は考えています。

弱みとして働くことを恐れるあまり、資質が持つ素晴らしい強みが消されてしまっては本末転倒ですからね!

活発性の活かし方

活発性 の特徴を知ったら、次は実際に仕事や生活に活かして「強み」にまで磨き上げていくことが大切。

そこでここからは、活発性 の活かし方を見ていきます。

活発性はこう活かす!

活発性 を活かすには次のような方法があります。

活かし方① 行動できる環境に身を置く

活発性はじっとしていることが大嫌いですし、「待て」と言われるとストレスで爆発しそうになります。

ですから、可能な限りいつでも行動を起こせる環境に身を置くことが活発性を活かす一番の秘訣です。

自分で意思決定ができ、その決定に基づいて行動できる環境などは最適でしょうし、スピード感が重視される環境も良いでしょう。

行動を束縛されない、自由な環境がオススメです。

活かし方② 組織の中で火付け役になる

活発性は自分で行動するだけでなく、周囲に行動を起こさせたり、物ごとを「グッ」と前に進めさせたりすることもできます。

そのエネルギーを組織やチームの中で活かし、火付け役になるのも活発性の活かし方のひとつです。

また、革新的なアイデアを具体的な行動に移すこともできるので「アイデアはあるんだけど…」という人たちを手助けするのも良いでしょう。

活かし方③ 遠慮なくぶっ飛ばそう!みんなが待ってる!

活発性は思いつくと同時に行動するうえ、その行動力とスピードは圧倒的。

そのために周囲がついていけないこともあるのですが…。

ぜひ、遠慮なくぶっ飛ばしてください!

今までおこなったコーチングで、私は活発性が炸裂しているときのお話をたくさん聞いてきました。

これがもう清々しいのなんのって(笑)。

そうこうしているうちに応援したくなるし、ついて行きたくなるし、というように気がつくとすっかり巻き込まれているのです。

心配しなくても大丈夫。

他の人はそこまで行動できないからこそ、活発性のエネルギーを待っています。

誰も追いつけないスピードでぶっ飛ばしてください。

それが活発性をもっとも輝かせるのです!

遠慮は無用!ぶっ飛ばせ!そして輝く星になれ!

活発性を持っている人が身近にいる場合

活発性 を上位に持っている人が身近にいる場合、そのエネルギーをお借りしなければもったいないですし活発性も活かされません。

「あとは実行に移すだけなんだけど…」というようなアイデアがあれば、ぜひとも活発性さんにお願いしましょう。必ずや起爆剤となり、物ごとは前に進み始めるはずです。

反対に、どれだけ活発性が「行動しなければわからない」と考える資質であっても、ゆく先にある障害がわかっているのなら教えてあげてください。

彼らは情報が不要なわけではないのできっと感謝されるはずです。たとえその直後に鉄砲玉のごとく飛び出し、障害にぶつかったとしても。

まとめ

ストレングスファインダー34の資質に優劣はなく、どれも素晴らしいものばかり。

その中で「活発性」という資質は、自らの行動で周囲にもエネルギーをもたらす素晴らしい才能です。

ぜひその才能を理解し、磨き上げることで、自分自身の生き方や他人との関係作りに役立てていってくださいね!

ギャラップ認定ストレングスコーチ、 ゆかねぇ (@officeyuka) でした。

コーチングを受けてみませんか?

「ストレングスファインダー診断を受けたけど結果を見てもよくわからない」「強みを活かして自分らしく生きたい」など、自分の強みをさらに知りたいなら、ぜひ一度コーチングを受けてみませんか?

こちらの記事もオススメです

ストレングスファインダーの「資質」っていったい何?全34の資質も合わせてご紹介 ストレングスファインダー4つの領域 ストレングスファインダーの34資質が分類される4つの領域の特徴と診断結果を見る際のポイント