メルマガ「ゆかねぇからの手紙」読者登録はこちら

【ストレングスファインダー】「最上志向」の特徴・活かし方を詳しく解説

こんにちは、ギャラップ認定ストレングスコーチの ゆかねぇ  (@officeyuka) です。

ストレングスファインダー34の資質のひとつである「最上志向」

「最上志向」という資質名だけ見ると「なんでも至高のものが好き」といったイメージがわきますが、はたして本当にそれだけでしょうか。

この記事では「最上志向」について特徴や活かし方を詳しく解説していきます。

最上志向のキーワードは「もっと、もっと」。質を求め続ける姿勢が自分や周囲を高みへ導く資質です!

最上志向の特徴

「最上志向」は、ストレングスファインダー34のうち「影響力」に分類される資質です。

さっそく 最上志向 の特徴を見ていきましょう。

最上志向の英語名

最上志向 の英語名は「Maximizer」です。

「Maximizer」は maximize という動詞に -er がついた名詞で、日本語に訳すと「(物事を)最大化する人」という意味になります。

さて、いったい何を最大化していくのでしょうか。

最上志向の本質

最上志向 の本質には「すでに優れているものを最高レベルにしたい」という欲求があります。

そのためすでに優れているもの=強みに着目します。得意な物事に集中します。そしてそれを磨き上げ、群を抜いて優れたものに変えていきます。

「もっと、もっと上へ」というあくなき思いが最上志向を突き動かす原動力。

それは周囲にも波及し、全体のレベルを高みへ押し上げるほどのエネルギーさえ持っているのです。

最上志向を上位に持つ場合の行動

最上志向 を上位に持つ場合、質にこだわります。

と言ってもあらゆる物事に対してではなく、自分にとって「これは」と思うものにはとことんこだわりますが、そうでないもの(要するにどうでもいいもの)については潔いほど切り捨てます。

その切り捨て方たるや、清々しいというか惚れ惚れしてしまうほど(笑)。

たとえばフェラーリに乗ってるけど食事はコンビニご飯でOKとか、メガネについて語り出したら止まらないのに髪はボサボサとか、そういうことが普通にあるんですよね。

それで言うと中途半端なこと、二度手間などの無駄なことが大嫌いなのも最上志向さん。それゆえコストパフォーマンスを重視し、効率化も得意です。

またなんにせよ優れたものに惹かれるので、他人の才能や強みを見抜くのも大得意。

他の誰も気づいていないような才能に気づき、それをさらに伸ばすこともできます。

反対に言うと弱点や劣っているものに興味がないため、これまたバッサリ切り捨てる傾向があります。

ちなみにストレングスファインダーを受けた日本人の中でTOP5に一番多い資質が最上志向です。「強みを活かしたい」という方がそれだけ多いということなのかもしれませんね。

最上志向が弱みとして働くと…

どの資質もうまく使えているときは良いのですが、使い方を間違えると弱みとして働き、妨げになってしまうことがあります。

最上志向 が弱みとして働くと、いわゆる完璧主義に陥ってしまうことがあります。

こだわりが強すぎるがあまり「まだまだ、もっともっと」と思ってしまうんですよね。

また他人の良いところが自然と見える分、自分の劣っている面と比較して凹むこともあったりします。これは常により良きものを目指す最上志向だからこそかもしれません。

とはいえ弱みは、自分の成長を阻害したり他人に迷惑をかけていなければ、基本的に気にしなくてよいと私は考えています。

弱みとして働くことを恐れるあまり、資質が持つ素晴らしい強みが消されてしまっては本末転倒ですからね!

最上志向の活かし方

最上志向 の特徴を知ったら、次は実際に仕事や生活に活かして「強み」にまで磨き上げていくことが大切。

そこでここからは、最上志向 の活かし方を見ていきます。

最上志向を持っている人が身近にいる場合

最上志向 を上位に持っている人が身近にいる場合、自分の長所や良い点を聞いてみるといいでしょう。

他の誰も気づかないような才能を見抜く目を持っている最上志向さんなので、「え?こんな長所もこんな素晴らしい面もあるじゃない!」とどんどんフィードバックしてくれるはずです。

それだけでなくさらに良きものにしたいと考えていますから、才能の伸ばし方、活かし方までアドバイスしてくれるでしょう。

また最上志向さんは弱点や劣っているものに興味がありません。それなのにダメな点ばかり指摘すると一気にやる気を失ってしまいます。

ですからできるだけ強みに着目し、その強みを活かせるポジションを与えてあげてください。きっとやる気を取り戻し、イキイキと輝き出すに違いありません。

最上志向はこう活かす!

自分自身が 最上志向 の才能を強く持っている場合、活かすには次のような方法があります。

活かし方① 他人の良いところを見つけ、伸ばす

物事の優れた面に自然と目がいく最上志向さんは、他の人が気づかない人の才能や強みを見抜くのが得意です。

ですからその強みを活かし、周囲の人々の良いところを見つけ、伸ばしてあげてほしいです。

そうすれば相手はもちろん嬉しいですし、強みを活かして成長していくことができるわけですが、それだけではありません。

最上志向さん自身も「他人を伸ばす」という強みを活かすことができるうえ、また一人優れた人材が生まれる結果、優れたものを愛する最上志向を満たすこともできます。

考えただけで幸せになりそうですよね(笑)。ぜひやってみてください。

活かし方② 効率化、無駄をなくすことに全力を尽くす

最上志向さん自身は無駄なことが大嫌いで、物ややることをどんどん手放して効率化できますが、仕事など多くの人が関わる場面では「無駄だ」と感じることが多いのではないでしょうか。

そこでぜひ最上志向さんの「ぶった斬る力(笑)」を活かし、組織の効率化に全力を尽くしていただきたいです。

最上志向からしてみたら「めんどくさいことはやりたくない」という一心で徹底している効率化も、周囲の人にとっては「なんて潔いやりかたなの!」と感じるはず。

実際に最上志向をお持ちの方からも「社内の効率化に取り組んでいる」という声をよく聞きます(しかも何人も)。

ですから自分自身のため、周囲の方のために、遠慮なくぶった斬ってほしいです。

活かし方③ 常に最高を目指そう!それが周囲を高みへ連れていく!

最上志向さんは自分がこだわる物ごとについては、絶対に妥協することなく最高を目指します。

その姿勢、どうか貫いてほしいです。

というのも最上志向は影響力というグループに位置する資質。影響力の資質は自分が周囲に影響を与えようと働きかけをしなくても自然と影響を与えてしまうのが特徴です。

最上志向の場合、最高を求めて質を追求し続ける姿勢が周囲を動かし、巻き込みます。そして気がつけば全体のレベルが驚くほど上がっているのです。

周囲に「最上志向さんがあれだけ上を目指しているのだから、自分達ももっともっと」と思わせ、自然とついてこさせてしまうのが最上志向さん。

だから遠慮なく最高を追求し続け、高みを目指し続けてください。

その姿がきっと、みんなの希望になるから…。

まとめ

ストレングスファインダー34の資質に優劣はなく、どれも素晴らしいものばかり。

その中で「最上志向」という資質は、妥協せず最高を目指し続けることができる素晴らしい才能です。

ぜひその才能を理解し、磨き上げることで、自分自身の生き方や他人との関係作りに役立てていってくださいね!

ギャラップ認定ストレングスコーチ、 ゆかねぇ (@officeyuka) でした。

コーチングを受けてみませんか?

「ストレングスファインダー診断を受けたけど結果を見てもよくわからない」「強みを活かして自分らしく生きたい」など、自分の強みをさらに知りたいなら、ぜひ一度コーチングを受けてみませんか?

お問い合わせだけでもお気軽にどうぞ。

Youtubeでも配信中

最上志向について Youtube でも解説しています。音声のほうが理解しやすい方はこちらもご覧ください。

こちらの記事もオススメです

ストレングスファインダーとは?受け方、わかること、強みの本質について徹底解説 ストレングスファインダーの「資質」っていったい何?全34の資質も合わせてご紹介 ストレングスファインダー4つの領域 ストレングスファインダーの34資質が分類される4つの領域の特徴と診断結果を見る際のポイント