メルマガ"ゆかねぇからの手紙"登録はこちらから

【ストレングスファインダー】「内省」の特徴・活かし方を詳しく解説

【ストレングスファインダー】「内省」の特徴と活かし方

こんにちは、ギャラップ認定ストレングスコーチ・社会保険労務士の ゆかねぇ  (@officeyuka) です。

ストレングスファインダー34の資質のひとつである「内省」

「内省」という資質名だけ見ると「自分を省(かえり)みる人」といったイメージがわきますが、はたして本当にそれだけでしょうか。

この記事では「内省」について特徴や活かし方を詳しく解説していきます。

内省のキーワードは「思考=行動」。考えることは内省さんにとって行動そのものです!

内省の特徴

「内省」は、ストレングスファインダー34のうち「戦略的思考力」に分類される資質です。

さっそく 内省 の特徴を見ていきましょう。

内省の英語名

内省 の英語名は「Intellection」です。

「Intellection」はそのまま日本語に訳しても「思考、考えること」という意味になります。もう少し突き詰めて「慎重に何かを考える」と言ってもいいかもしれません。

ですので「何ごとも深く考える」というイメージでとらえていただくとわかりやすいでしょう。

内省 の本質

内省 の本質には「納得するまで考えたい」という強い思いがあります。

じっくりと考え、自分の中に落とし込み、それから決断や行動をしたいと思っています。

だから考えます。深く、深く、考えます。

そうやって納得いくまで時間をかけ、深く考えるからこそ自信を持って前に進むことができるのです。

内省を上位に持つ場合の行動

内省 を上位に持つ場合、とにかく考えることが大好き。四六時中何かしら考えている方がほとんどです。

考え方も頭の中でもう一人の自分と対話しながら考える方、物事をあらゆる角度から捉えて考える方など様々ですが、とにかくあらゆることを考えています。

と、このようにお伝えすると、内省さんからは「え?みんなそんなに考えてないんですか?」と驚かれてしまうのですが(笑)、内省さんの考えはとっても「深い」んですよね。

みんな人間なので何も考えていないという方はまずいないものの、内省さんほど深くは考えていません。

また内省さんの考えるは「一人でじっくり考える」なので常に誰かと一緒にいるとすごく疲れてしまいます

セミナーや会議、飲み会の後などでも一人になって考える時間を必要とするのが内省さんです。

さらに「思考=行動」なので、実際に行動していなくても頭の中で8割がた行動のシュミレーションが済んでいたりします。

反対に言うと行動を急かされるのは苦手な方も多いかもしれません。

内省さんあるあるとして「瞑想できない」があります。「考えない」ということができないんですよね。なるほどなぁと思いました。

内省が弱みとして働くと…

どの資質もうまく使えているときは良いのですが、使い方を間違えると弱みとして働き、妨げになってしまうことがあります。

内省 が弱みとして働くと、自分の世界に入り込みすぎて話しかけづらいオーラを放ってしまうことがあります。

一度考えに入り込んでしまうと周囲の人のことも見えなくなってしまうんですよね。

そんなときは少し緩めてみることも意識してみるといいかもしれません。

とはいえ弱みは、自分の成長を阻害したり他人に迷惑をかけていなければ、基本的に気にしなくてよいと私は考えています。

弱みとして働くことを恐れるあまり、資質が持つ素晴らしい強みが消されてしまっては本末転倒ですからね!

内省の活かし方

内省 の特徴を知ったら、次は実際に仕事や生活に活かして「強み」にまで磨き上げていくことが大切。

そこでここからは、内省 の活かし方を見ていきます。

内省を持っている人が身近にいる場合

内省 を上位に持っている人が身近にいる場合、ご自身が深めたい知見などがあればじっくり話をしてみることをおすすめします。

内省さんは知的な会話が大好きですし、そういう会話ができる時間を大切にします。もちろん考えの深さは折り紙付き。

内省さんと会話する時間は深い考えに触れ、刺激を受ける素晴らしいものとなるはずです。

もう一点、内省さんが行動するには納得するまで考える必要があるため、どうしても時間がかかります。

その代わり納得すれば自信を持って前に進めるので、どうか暖かく見守ってあげてほしいです。

内省はこう活かす!

自分自身が 内省 の才能を強く持っている場合、活かすには次のような方法があります。

活かし方① 書くことで自分の考えを整理する

内省さんは常に何かしら考えているため、考えごとで頭がパンパンになってしまうことが多いはず。しかも思考は目に見えないものなので不安さえ引き起こしかねません。

そんなときは「書く」ことで自分の考えを整理するのがオススメです。

別に誰かに見せるものではないので、とにかく思いついたことを片っ端から書き殴ってみてください。

私が内省さんに教えていただいたのは「モーニングページ」というもの。

これは「ずっとやりたかったことを、やりなさい。」という本に書かれている方法で、朝起きたらすぐにノートに向かい、3ページ分ひたすら何かを書き続けるというものです。

3ページってかなりの分量です。でもそれを書き続けることで頭の中にあるものが書き出され、スッキリするのだとか。

もし「考えすぎで動けない」という方は一度やってみてくださいね。

活かし方② ひとりの時間を確保する

内省さんにとって考える時間はどんなことよりも優先して確保したい時間。しかもそれは「ひとりで」考える時間のはずです。

とはいえ仕事に家事、育児と忙しい毎日では「なかなかひとりの時間が確保できない」というのが現実でしょう。

それでも、たとえ5分でもいいのでひとりの時間を確保し、思考の深みに入り込めるようにしていただきたいです。

その際、ひとりの時間を「取れる時に取る」ではなく「自分の意志で優先して確保する」のがポイント。

通勤時間でも、家事の合間でも、寝る前のちょっとした時間でもいいです。

主体的にひとりの時間を確保することで自分の人生をコントロールしている感覚も得られますし、そのことが自信にもつながります。

雑音をシャットアウトし、自分と対話する時間を持つ。

内省さんが自分らしく生きるために、ぜひ意識していただきたいところです。

活かし方③ 時間がかかっていい。納得するまで考え抜いて!

最後にお伝えしたいこと。それはたとえ時間がかかってもいいので納得するまで考え抜いてほしいということです。

今の時代「考えているヒマがあったら行動しろ」「走りながら考えろ」なんてことを声高に叫ぶ方も多く、内省さんからも「もっと素早く行動できるようになりたい…」とご相談を受けることもあります。

でもご自身を振り返ってみてください。

じっくり考える時間もなく行動を起こしてうまくいったことはあったでしょうか。

納得するまで考え抜いたからこそ、自信を持って前に進めたのではないでしょうか。

先にもお伝えしたように内省さんにとって「思考=行動」です。考えることによって行動しているのです。

だから周囲の声なんて気にしなくていい。思う存分、納得するまで考え抜いてください。

あのね、中途半端に考えるからよけい不安になるんですよ(笑)。

どうせ考えるなら命懸けで考えてください。

それがきっと、内省を覚醒させ、自分らしさを取り戻すトリガーになるから…。

まとめ

ストレングスファインダー34の資質に優劣はなく、どれも素晴らしいものばかり。

その中で「内省」という資質は、誰よりも考え抜くことができる素晴らしい才能です。

ぜひその才能を理解し、磨き上げることで、自分自身の生き方や他人との関係作りに役立てていってくださいね!

ギャラップ認定ストレングスコーチ、 ゆかねぇ (@officeyuka) でした。

コーチングを受けてみませんか?

「ストレングスファインダー診断を受けたけど結果を見てもよくわからない」「強みを活かして自分らしく生きたい」など、自分の強みをさらに知りたいなら、ぜひ一度コーチングを受けてみませんか?

お問い合わせだけでもお気軽にどうぞ。

Youtubeでも配信中

内省について Youtube でも解説しています。音声のほうが理解しやすい方はこちらもご覧ください。

こちらの記事もオススメです

ストレングスファインダーとは?受け方、わかること、強みの本質について徹底解説 ストレングスファインダーの「資質」っていったい何?全34の資質も合わせてご紹介 ストレングスファインダー4つの領域 ストレングスファインダーの34資質が分類される4つの領域の特徴と診断結果を見る際のポイント